FC2ブログ
お酒の飲めない自分(アレルギー体質)。

なんか、外に出かける時に楽しめるお店ないかなぁ、と考えてみたところ(カフェでもいいんだけど、和なお店に入りたくて)、よし、甘味処に行ってみよう、と思い立ちました。

まあ、あの芥川龍之介もお酒が全く飲めなかったって聞きますし、飲み屋ではなく『ぜんざい(おしるこ?)食べに行こうぜ』と友だちを誘って甘味処に出かけることがあったようです。有名な話ですね。ちなみに、直木三十五もまったくお酒が飲めなかったという。
芥川賞・直木賞、この双方、まったくお酒飲めなかったってすごいですよね。


さて、東京の白蛇様こと上神明天祖神社へお参りをしに行ったついでに戸越公園へ行った時、
『しずく』という甘味処に立ち寄りました。
IMG_0663.jpg
甘味処とのれんにはあるけど、うどんやオムライスなど食事もできるところ。
DSC_0075.jpg
店内の様子
DSC_0076.jpg
頼んだあんみつ。
久々にお店であんみつを食べました。かんてんがするっと喉を通っていく。白玉も出来立てな感じがして美味しかったです。

DSC_0077.jpg
戸越公園通りにお店があります。一人でも全然気楽に入れるもんですね。


DSC_0083.jpg
さて、次のお店は、北区の王子駅にある久寿餅の『石鍋商店』。なんと創業は、明治20年(1887年)! すごい老舗だ!
王子駅から王子稲荷神社に向かう途中にある甘味処です。
DSC_0080.jpg
王子稲荷への参拝の行き帰りに寄れるお店だけあって、『王子の狐』関連の絵なども多く飾られたりしています。あと、江戸時代には王子は避暑地で行楽地でしたので、有名な料亭もたくさんあった場所なんですよね。
DSC_0082.jpg
名物の久寿餅を頼みました。くず餅も久しぶりに食べたかも。
食べ進めていくうちに、蜜ときなこがしっかり混ざっていって、味が変わっていくのが面白かったですね。美味しかったです。
持ち帰りもできます。あと、甘酒も売ってたり。

DSC_0089.jpg
お次は、神田明神。神田明神といえば商売繁盛・色々な会社・ビジネスマンが経営の繁栄・事業の成功を祈願しに来る神社ですよね。
あと、ラブライブの舞台・聖地としてもすっかり有名ですね。
そんな神田明神の鳥居の前に甘酒屋さんがあります。
DSC_0091.jpg
天野屋。甘酒屋の老舗です。
お参りの帰りに甘酒を。ということでここに立ち寄って甘酒を飲む人が多いらしいです。
DSC_0098.jpg
熱い甘酒と冷たい甘酒があります。冷たい甘酒はグラスに入って出てきます。熱い甘酒はちびちび飲むことになりますが、グラスに入った冷たい甘酒も美味しそうでしたね。ぐびぐび飲むのも気持ちよさそうでした。

DSC_0099.jpg
お次は、有楽町にある甘味処『おかめ』。
駅から徒歩2分程度のところにあります。
DSC_0101.jpg
おはぎなんかもお土産として売られていますが、
店内で食べられるあんみつ・みつまめもバリエーションが豊富でした。
頼んだのは、みつまめ。入っている果物が豪華でした。なんか、さすが有楽町にあるお店、という感じでしたね。でも、居心地の良い雰囲気のお店でしたよ。

DSC_0105.jpg
次は、人形町にある甘酒横丁に行ってみた時に、甘酒を売っているお店がありました。ここも老舗です。創業明治40年。
『とうふの双葉』というその名の通り、お豆腐関連の商品を売っているお店ですが、その場で飲める・食べられる甘酒やソフトクリームなんかも売っています。
DSC_0106.jpg
熱い甘酒をその場で楽しみました。
やっぱり甘酒横丁と名がついている通りだけに、古くから甘酒が親しまれてきた場所であるでしょうし、老舗の甘酒をその場で味わいたいですよね。
この通りは甘味処も多かったです。今度行った時は甘味処に入ってみたい。
DSC_0107.jpg
ちなみに、人形町は神田駅から歩いて行ってみましたよ。福徳神社や小網神社にお参りしながら。人形町は地下鉄を使っていく場所なんですが、JRだとやはり東京駅か神田駅どちらかでしょうね。途中、途中で寄りたいスポットがあると、そんなに辿り着くのは苦ではないかな、と。

以上、最近自分が行った東京の甘味処でした。
2018-11-12 00:09 | 写真ブログ | COM(0) | TB(0) |
ブログには書いてなかった。
『銀河鉄道999』関係のこと。
先日は、サントリーホールで行われた『銀河鉄道999 シンフォニックコンサート』にも行ってきましたし。この機会にいっぺんに書いてしまおう。

7月の敦賀旅行で、敦賀駅に着いた時、銀河鉄道999のモニュメントを見てから、ちょっとレンタルでアニメを借りてみようかなと思い、観ていったのです。
IMG_0178.jpg
↑これ 敦賀駅の銀河鉄道999モニュメント(他に宇宙戦艦ヤマト関係のモニュメントもあったり)

小さい頃、再放送を観た覚えがあったり(再放送といっても、オープニングの部分しか覚えてないけど)、小学生の頃の遠足のバスの中でビデオを流してくれたことがあったのを思い出したり。

でも、僕の記憶の中で、なんかアニメ版と映画版がごっちゃになってました。
それで、ちゃんと観たいと思い、7月8月9月に、レンタルで19巻、コツコツと借りて観ていったのです。
19巻、一巻一巻、6話入っていたので、100話以上。結構見ていくの大変でしたが、メーテルの謎を追っていくのが楽しみで観ていけました。
ただ、オープニングがてっきりゴダイゴが歌うもの(あの有名な歌)に後期変わるものだと思ってましたが、最初から最後まで同じささきいさおさんの(やや暗めな)オープニングだったことにちょっと驚いたり。それに途中で鉄郎が成長して容姿が変わり格好良くなるものだと思ってましたが、あれもアニメ版と映画版がごっちゃになってましたね。

それで、観ている途中で、目黒駅にある目黒シネマで9月の中旬に映画版二作品を二本立てでやるということを知り、観に行こうと。
観に行く頃には、いよいよレンタルのDVDも最後の19巻を残すだけとなってましたし。
DSC_0048.jpg
目黒シネマ。ちょうど夏休みの期間、懐かしの映画祭り二本立て上映というのをやっていて、8月の終わりには『AKIRA』と『幻魔大戦』の二本立てを観に行ってました。その時に、もらったチラシで『銀河鉄道999』の映画版も9月にやるということを知ったのです。

DSC_0049.jpg

IMG_0445.jpg

IMG_0446.jpg

アニメ版19巻をこの時点ではまだ観てなくて、メーテルの謎も知らない状態だったので、映画版、新鮮な気分で観れました。
本当にメーテルの謎を知るのが楽しみでしょうがなかったのです。
で、『銀河鉄道999』『さよなら銀河鉄道999』を立て続けに観て、衝撃というか、驚きも受けつつ、感動しました。映像も美しかったです。鉄郎も格好良くなっていたし、メーテルもアニメ版よりさらに美しく。
そして、ラスト、鉄郎が『メーテルゥーーーー!』と涙交じりで叫ぶのも印象的でしたね。

DSC_0050.jpg

レンタルを観ている時に映画版も劇場で観れるなんて、なんて最高のタイミングなんだ、と。
ここもまさに引き寄せの法則が働いたのですよね。

そして、先日、サントリーホールで行われた『松本零士生誕80周年記念 アニメ版40周年記念 銀河鉄道999 シンフォニック・コンサート』も観てきましたよ。
IMG_0639.jpg
場所はメトロ南北線の六本木一丁目駅。数年前に半年くらい通勤で利用してました。懐かしかったです。

IMG_0644.jpg

オーケストラコンサートなんて観るのは初めてでしたが、東京フィルハーモニー交響楽団の生演奏、すごかったです。
音の波というか。そういうのが届くのが感じられましたし。聴いていると、映像が蘇ってきたりして、涙が滲んだり。あと、時間が流れていくのがほんと早かった。

また、こういう場に足を運べたのも良い経験になりました。対人恐怖症やうつ病などでひどく悩んでいたあの頃の自分ではちょっと考えられない進歩ですね。最近は色々と良い経験をしています。

IMG_0647.jpg
A席を購入して観ました。二階席の後ろの方。正面ではあるのだけど、やや遠かったかな。

ちなみに、このコンサートを知ったのも偶然でした。ヤフーの広告でたまたま出てきて、これも偶然ではあるまい、よし行ってみよう、と思い立ったのです。ここでも引き寄せてますね。

そいえば、来年の春あたりに、舞台もあるそうで。そこであのラブライブAqoursメンバーの伊波杏樹さんがメーテル役をやるんだとか。ちょっと興味がありますね。観るかどうかはまだ未定ですが。

以上、銀河鉄道999関係の記事でした。
2018-11-02 11:09 | 写真ブログ | COM(0) | TB(0) |



旅行に行こうよ『じゃらん』


前回の熱海伊東旅行の続きです。

来宮神社から伊豆急下田行きの電車に乗って伊東へ。海沿いに沿って走るので窓から海を眺められます。

IMG_0579.jpg
いよいよ伊東駅に着きました。結構人が下車していきます。熱海ほどではないですが、賑わってました。駅前には旅館やホテルの無料送迎バスの案内の人が何人か待っていたり。さすが有名な温泉街。

IMG_0580.jpg
予約していたホテルは、ちょっと古めでしたが、まさに温泉旅館といった雰囲気漂うところでした。
和室の部屋というのも十数年ぶりで。洋室のホテルに比べて部屋が広い。くつろげました。
館内では卓球ができるところがあったり、休憩所で囲碁ができたり、ゲームやメダルでやるパチンコ・パチスロが置いてあったり。そういえば、昔、旅館といえば古いゲームが置いてあるのが当たり前だったというか。懐かしいですね。
そして、ホテル内を浴衣で歩くというのが当たり前というのも、温泉旅館らしくて良い点でした。

さて、チェックインしてから、部屋に荷物を置いて、伊東の海を観に行きます。
IMG_0583.jpg

IMG_0587.jpg
小学生くらいの頃、家族で伊東の海に遊びに来たような。

IMG_0593.jpg
なぎさ公園の数々のモニュメント。
IMG_0597.jpg

IMG_0607.jpg
手のモニュメント(僕の手ではありません^^)。みんなの力を分けてくれorこの手に光を、的な撮り方をしました。

IMG_0608.jpg

IMG_0609.jpg
ウイリアム・アダムス記念碑(誰かはよく分かりません^^;)

IMG_0615.jpg

IMG_0616.jpg
松川遊歩道

以上で伊東観光は一旦終わり、ホテルに戻ってから、温泉へ。
翌早朝にも別館の温泉に行きましたが、三か所の温泉・露天風呂を堪能しました。

日が暮れた頃に、キネマ通りや湯の花通りも歩いてみたり、たい焼きを売っている福楽さんでたい焼きを買ってホテルの部屋で食べたりもしました。

夕食・朝食はバイキングで取り過ぎないよう、なるべく少なめにしたらちょうど良かったです。以前、バイキングで取り過ぎて食べるのが大変だった時があったので(敦賀旅行の時)。

伊東にはとにかく温泉旅館がたくさんあって、夜には川を隔てた向かいの旅館からの笑い声とかも聞こえてきたりしてましたね。
観光地が賑わっているのは良いことです。

帰りはまた熱海に戻って、お土産買ったりして、それから帰宅。

十分に神社巡りと温泉を堪能できた旅行となりました。海も観れたしね。





2018-11-01 00:01 | 写真ブログ | COM(0) |




10月の26日に熱海・伊東に行ってきましたよ。
伊東で温泉に入ってこようと思って、ついでに熱海も観光してきた、といった感じですかね。熱海で下車してから、伊豆急下田に乗り換える、といった流れなので。

IMG_0568.jpg
かなり遠くから、スーパーズームで撮った熱海城(熱海は何度か来ているものの、熱海城に行ったことはない)。

今回は熱海の海は観に行きませんでした。伊東で海を観ればいいやと思っていたので。

コインロッカーに荷物を入れてから、バスで伊豆山神社へ向かいます。熱海に来ると、ほぼ必ずと言っていいほど伊豆山神社にはお参りしに行きます。
IMG_0545.jpg
階段がすごく長い。最初はいいんですが、終盤さすがに足の筋肉が疲弊してきます。

IMG_0556.jpg
必死に昇ったその分、境内からの眺めはすごく良いんですが。

IMG_0561.jpg

伊豆山神社といえば、紅白の龍の強運お守りがあることで有名。そして、縁結びでもすごいご利益があるとか。
上の写真は『結 明神社』。ここで男女の良縁を願いましょう。

IMG_0554.jpg
こんなのもあったり(以前来たときはなかったので、新たにできたものです)。

IMG_0555.jpg
光り石にも触ってきました。不思議な手触りでした。

IMG_0553.jpg
白山社の鳥居。
ここから先の参道を進むと、本宮にたどり着くと言われていますが、かなり急な坂道を登っていく上に時間もかなりかかるそうなので、行くのは容易ではありません。

さて、本殿にお参りして、強運のお守りも購入すると、バスで熱海駅に戻って、それからコインロッカーに入れていた荷物を持って来宮神社に徒歩で向かいます。
徒歩だと大体15分か20分くらいで着いたような。

IMG_0577.jpg

IMG_0571.jpg

ご神木の樹齢2000年の大楠があるパワースポットの来宮神社です。ここも全国的に有名ですね。

IMG_0573.jpg

願い事を念じながら、幹を一周すると、願いが叶うんだとか。

平日ということもあり熱海の観光客は高齢の方が多い印象なんですが(まあ、でも、学生のような若い世代も結構いたし、熱海は色んな年代の人で賑わってますね)、この来宮神社では若い女性も結構見かけた気がします。ここも良縁にご利益がある神社だったはずなので。

さて、来宮神社にも参拝したので、いよいよ来宮駅から伊東駅へと電車で向かいます。


つづく




2018-10-30 15:48 | 写真ブログ | COM(0) |
初夏の六義園(駒込駅から徒歩)に行ってきましたよ。

連日、猛暑が続いてますが、なんと緑あふれる日本庭園の涼しいこと!

IMG_4458.jpg
東京メトロ駒込駅から近いです。
IMG_0310.jpg
この日は平日でしたが、外国の観光客も、行く度に見かけますね。
IMG_0312.jpg

IMG_4459.jpg

IMG_0315.jpg

IMG_0316.jpg

IMG_0308.jpg

IMG_0306.jpg

IMG_0305.jpg

IMG_4475.jpg

IMG_4466.jpg

IMG_4465.jpg

IMG_4464.jpg

日本庭園に池は定番なんですが、ちょっとした滝みたいなのもあって、清涼感たっぷりの光景。

あと、こうして写真で改めて振り返ると、緑の色がやっぱり違いますね。より和風感が味わえるというか。

東京観光に、日本庭園巡りもいいですよ!






にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
2018-08-04 22:50 | 写真ブログ | COM(0) |
プロフィール

しきすみ

Author:しきすみ
命中率ほぼ0%から奇跡を起こせる射手座の人。
早乙女純章(すみゆき)の筆名で執筆活動。
寓話・童話・児童文学などを創作。Amazonの電子書籍にて販売中。
時代小説好き。引き寄せの法則にも興味を持つ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
訪問者数
twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon
ブログランキング
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR