kindle本(電子書籍)で出版している童話『空をおおうクモのアミ』が、

無料ダウンロードキャンペーンで、『絵本・童話 読み物部門』で上位にランクインしてました!

童話ランキング
アンデルセンとか宮沢賢治とかと並んでいるのがなんか嬉しかったですね。

ちなみに、最高ランクは19位だったような気がします(←自分が確認できた時の)。

現在は、無料キャンペーンも終わり、200円で販売中です。

大人も子供も楽しめる作品。よろしくお願いします。
スポンサーサイト
2017-11-20 23:34 | 小説関連 | COM(0) |
私、早乙女純章が、AmazonのKindle本で電子書籍を出版いたしました!

これまで書き溜めてきた作品の中から、童話風(絵本原作的な)短編作品を。

『月の花と水の花』
『空をおおうクモのアミ』
『安楽椅子を揺らす手』

まさに絵のない絵本。

現段階では、この三作品が販売中(キャンペーンで無料期間あり)。

Kindleでの電子書籍出版、意外と簡単でした。

三作とも400字詰め原稿用紙30枚以内の短い作品ですが、

大人向け絵本(文字のみ)、大人向け童話、といった感じの内容。

よろしくお願いいたします!

  
2017-11-15 00:15 | 小説関連 | COM(0) |
出版エージェントというものがある。
自分の代わりにエージェントが出版社に自作品を売り込んでくれるというものだ。
まあ、海外ではエージェントを通して出版社に売り込むという形は主流なものなのだが、日本は異なる。
日本の場合、やはり作家と編集者は直接やり取りしたい。直接やり取りして、作品を良いものにしていきたいという流れがある。

で、自分も最近、この出版エージェントというものがどういうものなのか応募してみたのだ。自分の作品、結構ジャンルが独特で、どうにか別のアプローチ方法がないものかな、とも思っていたので。
選んだのはエージェント業の中でもそこそこ有名なA社(名前長い)。
ただ、ここ、応募費用がばか高い。一つの作品を見てもらうのに5万円以上もする(ばか高いと感じるのは後述する)。

利用した結果。
まあ、ダメだったのだけど、そもそもこのA社、文芸方面ではあまり実績がないのだよね。応募はそこそこあるとは書いてあるけど。童話・児童文学の分野では、それこそ一つも出版実績ないっぽい印象だったから、かなり難しいだろうとは思っていたんだけど。
どういう見方をされるのか、エージェントだから、どういう受け止め方をするのかで興味があったんだけど。
あっさりダメで、返ってきたのは、ただの作品に対する講評だった。原稿用紙8枚程度の。
あれだけの高い費用を払って、この程度の講評なのか~、と結構がっかりだった。
良い作品ではあるけども、これこれこういう悪い点があるので、だから採用を見送らせていただきます、と。
これだと賞や出版社に投稿して講評もらうのと変わらなくないか?(その場合、無料)

う~ん、悪い点はある程度目をつむって、その作家の個性・良い部分があれば、そこを磨いて世に出そうとしてくれるのがエージェントの役割だと思ったんだけどなぁ。

だったら、直接出版社に作品を見てもらった方がよっぽど良いと思えた。
さっき書いたように費用5万円がばか高いのは、直接編集者に見てもらう場合、費用なんて0だから。
自分の作品のジャンルがそうなんだけど、直接投稿歓迎とHPに記載している出版社は探せば結構ある。
しかも、出版社によっては、不採用通知と共にきちんと感想を記載してくれるところもある。
出版社って(出版社にもよるが)、昔風に言う持ち込み原稿をありがたく思ってくれるところもある。

これを考えると、A社の費用5万円(で、あの中身の薄い講評)はやはりかなり高い。半分の値段でもまだ高いと思えるくらいだ。
作品の添削というか、こういうふうにすればもっとよくなりますよ、とかそういう丁寧なシートが返ってくれば、そこそこ費用に見合ったものに感じられたかとも思うけども(あと、やはりそのジャンルの専門家が見ているわけではない、というのも疑問。まあ、そもそもその分野の出版の実績がほぼないからなぁ)。
まさか返ってきたのが、よくある批評形式とはなぁ。
いかにして売り込むか、をやるのがエージェントの仕事だと思ったんだけどね。やっぱりあれだけのお金をとってるわけだし。ダメでももっと懇切丁寧かと思ってた。

これからエージェントを利用してみたいと思ってる人には、やはり高額な費用を出させるところはおすすめしない。出すなら、せめて無料のところにしよう。
また、出版社側もエージェントを通してのやり取りというものはあまり望んでいないようなので、その点でもおすすめできない。
やっぱりプロの作家になったら、編集者の人と直接打ち合わせとかしてみたいじゃない。アドバイスとかも直接編集者の人から受けてみたいし。

お試しでやってみたけど、エージェントとは名ばかり、って感じの印象だったかなぁ。海外のエージェントは、新人でもどんどん拾って、とにかく売り込んでみる、がスタンスらしいし(海外はエージェントもそうだけど、直接持ち込みが主流なんだよね)。
2017-11-12 01:50 | 小説関連 | COM(0) |
東京に住んでからもう十五年くらい。
とはいえ、有名(縁があったらとんでもなく嬉しい)出版社を実際に見たのはここ最近。

ということで、これまで見てきた(+写真撮れた)出版社を挙げてみようと思う。

SP4
まずは、童話・児童文学出版社の偕成社!
入口に『ノンタン』の人形が。
縁があってほしい憧れの出版社の一つ。

SP3
お次は、新潮社! 誰もが知ってる超有名出版社。
文芸出版社の中でも特にレベルが高いと言われているところ。主催の新人賞はかなりの筆力をもってないとデビューできないと言われている。
ここから本を出せたら、実力ある作家としてしっかり認められたようなものだね、という感じに自分は思っている。
ここの社屋撮れただけでも感動してしまった。

SP1
お次は、絵本と紙芝居の出版社・教育画劇!
童話出版社の中でもそんなに有名ではない出版社だけど、
実は、小学校とかで観た紙芝居は、ほぼここの作品だったっぽい。
ここから本を出せるようになれるのもすごい、と思える出版社!

SP2
お次は、幻冬舎!
ここもみんな知ってる出版社。代々木から徒歩十分以内。こんなところにあったのか~、という場所にある。ちなみに上に出した教育画劇も近くにある。
色々なジャンルの本を出版しているというイメージがある。一号館と二号館とあるけど、意外にすごく大きい、というわけでもない。

ということで、写真を撮ったことのある出版社はこのくらい。
でも、前を通りかかったり、近くを歩いたことのある出版社は他にもある。

フレーベル館。
ここはアンパンマンをはじめとする絵本や図鑑を出している出版社。駒込の六義園の入口すぐそばにある。ので、六義園に行く度に見ることができる。

ポプラ社。
四ツ谷で働いていた頃、お昼ご飯を買いに行く途中にあった。ここも児童文学を主に出している出版社。
児童文学系の出版社では有名なところの一つだよね。昔、オンラインの小説投稿サイトでやり取りした人がここから新人デビューした(三冊くらい本を出したのかな。ただ、その後は残念ながら完全に音沙汰なくなってしまった)。
児童文学系出版社なのに、あまりよい噂を聞かない会社でもある。

角川書店は……昔、前を通りかかった気はするんだけど、あそこが角川だったのかよく分からなかった(警備員がいて、近くに寄れない雰囲気)。ただ、やっぱり建物・敷地はかなり大きいっぽかった。

小説関係ではないけど、漫画の秋田書店も見たことがある。飯田橋の東京仕事センターの近くにあったから。思っていたより小さいビルだった。というか、出版社って、意外に小さいビルが多い。有名な出版社でも、「あれ、これくらいの建物なのか」というところが。

それくらいかなぁ。
童話・児童文学の大手、福音館書店や岩崎書店も縁があったらすごい喜んじゃう、という出版社だけど、実際に見たことはない。
でも、福音館書店さんは、巣鴨だから、今住んでいる場所からはわりと近いらしいんだよなぁ。


ということで、以上、今まで見たことある出版社でした。
2017-08-02 01:01 | 小説関連 | COM(0) |
久々に小説賞で自分の作品が選ばれました。やったね!

『階段職人』という童話風作品(童話風といってもどちらかというと一般エンタメに近い)。

Book Shorts2016年8月期で優秀作10作品の一つです。

こちら

↑『階段職人』早乙女純章で掲載されています。

まあ、他の文芸賞で言ってみれば一次通過みたいな感じなんですが、この作品が選ばれたのは素直に嬉しいです。
自分らしさをしっかり出せた作品でもあるので。

ということで早乙女純章作品が読みたい方は是非!
2016-10-01 21:01 | 小説関連 | COM(0) |
プロフィール

純章(すみゆき)

Author:純章(すみゆき)
命中率ほぼ0%な射手座の人。
早乙女純章(すみゆき)のペンネームで執筆活動。
童話などをAmazonの電子書籍で販売中。
時代小説好き。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
訪問者数
twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR