FC2ブログ
苦手なことを必死に頑張って、そのかわりに長所を薄めてしまって、認められるようになるよりも、

苦手なことは苦手なこととして、それよりも長所・得意なことを楽しく伸ばしていって、認められるようになった方が、

よっぽどいいし、絶対にのちのち成功は大きくなる。

頑張らないと成功しない、のではなく、楽しんで成功する! の方が喜びは大きいでしょ。長続きもするでしょ。

頑張らないと・無理をしないと成功しないというのは、ただの思い込み。

楽しんで成功していいんです。

楽しんで(ある意味楽して)、成功していいんだって思いましょう。メンタルブロックを取り除きましょう。
2018-11-14 23:49 | 小説関連 | COM(0) |
童話というのは子供向け、というイメージがありますが、

実際、子供向けの話ということで『童話』というジャンルがあるのですが、

童話というより寓話といったほうがいいのかもしれないですが、

ビジネスに役立つ内容です。仕事に大きなヒントを与えてくれることがあります。人生に迷った時のヒントにもなったりします。
自己啓発だったり、癒しだったり、社会提起にもなったりす内容だったりとか。

宮沢賢治や新見南吉などもそうですが、そういう作品を僕自身も書いているので、是非読んでみてください。あなたの感性が刺激されるはずです。

   

童話や絵本、寓話というより、完全に新しいジャンルを確立しています。
2018-11-12 18:40 | 小説関連 | COM(0) | TB(0) |
今日は有楽町のサンマルクカフェで、執筆してきましたよ。

タブレットPCでね。昨日、書き終えた童話作品の、推敲作業。結構修正する部分あった。

カフェでも結構執筆意欲は湧くもんですね(人に見られながらって、結構緊張して感性・アイデア力が鈍るかな、と思ってたけど、全然そんなことなかった)。

ちなみに、サンマルクカフェでコーヒーを飲みながらパフェを食べてみたかったのです。
サンマルクカフェと言ったら、やっぱり甘いものが有名なチェーン店ですからね。

執筆がはかどると、ほんと良い気分です。
2018-10-10 20:46 | 小説関連 | COM(0) |
最近になってようやく自分の童話作品の真のジャンルが判明したというか。

今までは大人向け童話とか言っていたけど、

正しくは、寓話だったのね。

宮沢賢治も寓話作家と呼ばれるそうだ。

寓話というジャンルでのプロ。今までにほとんどいない。絵本出版社かと思ってたけど、むしろ一般書籍を扱う出版社の方が寓話作品を出している気がする。

自分、狭き門のより狭き門の道を行ってるけど、それでも自分、すごいので、すごい作家になります!
2018-10-01 21:33 | 小説関連 | COM(0) |
今日も書けました。
久々に書けました。

小説ね(正確には童話だけど)。

やっぱり執筆してると、心が安定するね。

出来不出来、どうでもよく(まあ、自分の満足いく内容にしっかりなってるから)、書けてることがほんとすごいと思うよ。

こういう気持ちを地味に持続させていきたい。
2018-09-27 23:44 | 小説関連 | COM(0) |
プロフィール

しきすみ

Author:しきすみ
命中率ほぼ0%から奇跡を起こせる射手座の人。
早乙女純章(すみゆき)の筆名で執筆活動。
寓話・童話・児童文学などを創作。Amazonの電子書籍にて販売中。
時代小説好き。引き寄せの法則にも興味を持つ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
訪問者数
twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon
ブログランキング
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR