前向きに事に当たっても、積極的に物事に取り組んでも、

結局、得られるものというか、行き着く先は、孤独と虚しさだけなんだなぁ、と。

一度の失敗で諦めずに、自分らしさを貫いて、前向きに頑張っても、

その結果は、いつも寂しさ・絶望・虚しさに行き当たってしまう。これはもう小さい頃から、これまで生きてきてずっとそうだったから、異常・不思議なくらい。

自分ではずいぶん成長したなぁ、とか、かなり無理して頑張った、と満足感・達成感が得られたことでも、
その気持ちに反して、結果が以前より異常に落ち込むというか。数値としてはっきりと落ち込みが出る場合もあるから、よりがっかり度が高くなる。頑張れば頑張るほど見向きもされなくなるというか、そういう結果が出てしまってる。

確かに、評価してもらえる時もある。存在を認めてもらえるときもある。その作品に関わった人とかには、かなり好評をもらえたり。企業の人が作品をたまたま見てくれて、良かったからピックアップ作品として扱われた時も何度かある。
ピックアップ作品として扱われれば注目度も上がるはずで、自分のしてきたことに確かな手応えを感じたはずなのに、けれど、一般の人からは見向きもされない。ほぼ100%に近い状態で。
ほんの一部の人に、ほんの一時認められても、次に繋がらない。仕舞いにはそのほんの一時認めてくれたはずの人たちも、そっぽ向いてしまう。その人たちにも迷惑をかけてしまっているようで申し訳なくなる。
こういうのが数回も続くとね。。。

感じるのは、時代に合わない。世間の求めているものとは違う(まあ、そういうのを目指した作品創りや考え方をしているから、そこは誇りに思い続けていいことなんだけど)。

社会に必要とされていないんだな、とより一層感じる。

創作活動にしても、仕事にしても、普段の日常にしても、かなり無理して、落とされても苦痛に耐えても試行錯誤して前向きに頑張ってきたけれど、
これ以上やっても、もう何か、ずっと今と同じ気がする。

創作だけならまだしも、日常生活・普段の自分の行動自体までもが、動いても動いても、すべて虚しさに繋がってしまうから、本当にもう駄目な気がする。

もう人生から引退すべき時なのだと思う。
周りの環境も、もう生きていることを許してくれない状態になっているし。終わらせるのが遅すぎたかな、とも思うし。
もう本当に残りわずか。
やれること、何か生きることに繋がる可能性のあるものも、やってしまった感があるし(それもただ虚しさにしかならなかったという)。
やってもやっても虚しさだけ。
生きていては、生き続けていてはいけなかったのだな、と思う。続きを読む
スポンサーサイト
2010-10-05 01:42 | | COM(0) |
プロフィール

純章(すみゆき)

Author:純章(すみゆき)
命中率ほぼ0%な射手座の人。
小説家を目指すもなかなか結果出ず。

時代小説好き。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
訪問者数
twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR