上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- --:-- | スポンサー広告 |
先日、山田風太郎の『魔群の通過』を読んだ。
扱っているのは、"水戸天狗党"というもの。

この天狗党、読むまでフィクションなのだと思い込んでいた。
そう、これを読むまで天狗党というものを今まで一切知らなかったのだ。これだけ大きな歴史の出来事をまったく知らなかった。茨城水戸の人、福井敦賀の人は知っているのかもしれないけど、一般の人はあまり知らないのかも。歴史の教科書にも何故だか出てこないからね(いやでも、やっぱり知っている人は結構いるのかも。結構色んなところに天狗党に関わった人たちの史跡が残されてるから)。

事の起こりやその経過は、そこまで大きな出来事ではなかったが(いや、かなり過酷な上洛の行軍ではあったのだが)、衝撃だったのは、そう天狗党の顛末である。あまりにも凄惨すぎる処罰というか。いや、でも、これが本当の『日本の歴史』なんだよな、とか。

事の発端は、水戸藩内で起こった内紛だった。水戸藩主の水戸斉昭の病死後、藩では尊王攘夷派(『天狗党』)と諸生派の対立が激しくなっていった。天狗党を挙兵した藤田小四郎(首領は武田耕雲斎)。これに対し諸生党の市川三左衛門といった形で争いが続いていく。
けれど、天狗党は幕府によって弾圧。追い詰められながらも、尊皇攘夷の志を朝廷に伝えようと、一橋慶喜を頼るため上洛を決意。京都を目標に行軍を開始。その数は、1000人近い数。途中で更に数が3000まで増えたり、また1000前後に減ったり。
11月1日に大子を出発し、12月17日に福井の敦賀で投降する。
投降のきっかけは、天狗党が頼りにしていた一橋慶喜が幕府軍を率いて討伐に向かってきたため。

それで終わったのなら、他の小説と比べてそんなに衝撃的ではないのだが、その後、田沼意尊の手に渡ってからの彼らの処遇である。
狭い「にしん肥料蔵」の中に大人数を押し込めて監禁。衣服もほとんどつけられない裸同然の状態で、暗闇・悪臭・雪国の寒気の中、病死者20名以上。
そして352名が斬首刑。これは近世未曾有の惨劇だそう。更に酷いのが、市川三左衛門の諸生党が水戸で天狗党の家族らをことごとく処刑・投獄。女・子供(三歳の幼児まで)も容赦なく。
重罪を犯すと家族にも刑が及ぶというのは当時あったけれどね(児童文学の『ベロ出しちょんま』などでも描かれている)。その規模がこれはちょっと大きい。。。 悪環境で長期間の投獄に、生きて出られても重い障害を負ってしまったり。

処罰が酷過ぎるというのもあるけど、更にその先では、今度立場が逆転し、天狗党の残党側が諸生党に報復。市川三左衛門は逆さ磔の刑。そして、諸生党のその家族もことごとく処刑していったという。そういうのが藩内で続いていったそうだ。
『藩内抗争により人材をことごとく失ったため、藩出身者が創立当初の新政府で重要な地位を占めることは無かった』とのこと。

なんというか、人材がいなくなるほどの報復合戦って……。
水戸周辺には処刑場もかなりあったそうで。
水戸というと納豆や黄門様というイメージがあったけれど、一気に『天狗党』というイメージになった。また敦賀もイコール天狗党の処刑地に。
敦賀では、刑場になった来迎寺がちゃんとあったり、拘禁に使用された『にしん肥料蔵』が松原神社にあったり、墓標が立てられていたり、銅像が建てられていたり。史跡がちゃんと残されています。→こちら(敦賀の歴史『水戸天狗党』の紹介)

でも、こういう史跡はやはり大切にするべきだと思う。凄惨過ぎるから目を背けるのではなく(歴史上あまり公にしないのではなく)、それだけ大人数の犠牲を払ってきて、死者に冥福を祈るのは当然のことではないかと(尊皇攘夷派とかそんなの関係なくね)。

ちなみに、この天狗党には、渋沢栄一が少し関わっていたり、新撰組が生まれるきっかけにもなったと言われてたり(新撰組初代筆頭局長:芹沢鴨が新撰組を作る前、天狗党に一時参加していたらしい)、坂本竜馬が天狗党の残党を怖れてたとか、樋口一葉の師匠・中島歌子が天狗党の乱で投獄されていたり、歴史の変動に大きく関わってるんですよね。
なのに、何故大きく取り上げられないんだろう(島崎藤村の『夜明け前』には天狗党が出てくるそうだ)。師走の特番ドラマでやってもいいほど。

まあ、この出来事を知ってから津山事件がまだましなものに思えてきてしまった(あれも十分恐ろしい事件ですが)。
長崎奉行・竹中重義の切支丹弾圧などの拷問の歴史といい、この352名斬首の歴史といい、日本の歴史は知れば知るほど恐ろしいもの。あの藤沢周平も織田信長を詳しく調べていってその残虐性・残酷な仕打ちを知って、信長についての小説を書くのをやめたほど。

いつか水戸・敦賀、両方に供養しに行きたいものです。
スポンサーサイト
2014-11-30 23:26 | 未分類 | COM(0) |
三連休、あっという間でした。いつも以上にあっという間の三連休だった気がします。
一日目は、資格試験。MOSのAccess2010。
受けるまでは、一番受かる確率が低いだろうなぁ、と思っていたんですが、受けてみると、意外といけるかも、となり、結果は今まで受けてきたMOS資格試験の中で一番高い点数(970/1000)での合格でした。やたーね(´▽`)
CIMG1147.jpg
その場ですぐに合否の結果が出るから、結構ドキドキ(ケアレスミスで減点多数なんてこともあるかも、とか)なんですが、高得点の画面を見て一安心。Access合格は今後かなりプラスになるかな。

CIMG1146.jpg
Word2010スペシャリストの合格証も届きました。ちゃんと名前(ミドルネーム欄に間違えて入力)が修正されててよかったよかった!

さて、二日目は東京ビッグサイトで開催されたコミティアに行ってきました。
通常の3倍屋。』という、よく見ているブログ(イラストブログとハムスターブログ)があって、ツイッターでもお世話になっている、しゃのあ~る。さんがサークル側で参加されていたので、行ってみたんですね。
『めんだこ村のメンダコたん』というサークルさんでした。
CIMG1137.jpg
東京ビッグサイトの建物。コミケでも行ったことあります。この日はコミティアの他に楽器フェスタなんていうのもやっていたり。
CIMG1138.jpg
国際展示場駅。
遠いから行くの大変だろうな、と思って行こうかどうしようか迷ってたんですが(コミティアは入場料代わりのパンフレットを購入しなくちゃいけないってこともあったり、翌日は文学フリマがあったりで)、でも、赤羽から「りんかい線直通新木場行き」で一本で行けるということで、意外に楽だなと思い行ってみました。
まあ、パンフレットも会場で購入すれば1000円だというし(事前に本屋とかで購入すると1300円――ただパンフレットで1000円はやはり高い気もするけど。だって、無料だとその分、出展作品購入できるじゃん)。

で、『めんだこ村のメンダコたん』でしゃのあ~る。さんとお会いしました(オンラインではメッセージのやり取りとかしてましたが初対面でした)。ポスターが目立っていてすぐに分かりました。
買うものは行く前から決めていたのですが(予算の都合とかもあってね)、実際出展作品の数々を見てみると、どれもクオリティが高く、決めていたもの以外の作品も欲しくなりましたね。
CIMG1145.jpg
いわゆる戦利品というもの。
『メンダコたん』の四コマ漫画とハムスターストラップ。他に無料でペーパークラフトとかも。
コミケほどではないですが、負けないくらいのサークル参加数。またコミケほど混雑はしてなかったですが、それでもかなり賑わってました(個人的にはこれくらいの賑わいの方が歩きやすくて好きです)。

で、三日目の今日は、文学フリマに行ってきましたよ。
過去にお世話になった『ばるけん』さんの新しい冊子目当てで(『猫筆屋四』という冊子に自分も参加し短編小説掲載したことがありましてね)。
また、文学フリマといえば、自分が代表として立ち上げたサークル『清泉の雫』で、三回参加した経験がありましてね。
CIMG1144.jpg
で、文学フリマは流通センター駅での開催です。自分がサークル側で参加した頃は蒲田駅の産業プラザPioという会場でした。
浜松町駅から東京モノレールに乗って流通センターへ(行く前に自宅の最寄り駅でひとりカラオケ^^)。モノレールなんて初めて乗ったよ(『ゆりかもめ』は通勤で乗ったことあるけど)。眺めがいい。
CIMG1139.jpg
着いて、
CIMG1140.jpg
すぐ目の前が会場の建物。

ただ、間違えて別のイベント会場に入ろうとしてしまった。この日、この場所では文学フリマ以外にもそういうイベントやってたみたいです(コスプレがどうたらとかいう案内もあったりしたので)。あやうく他のイベントで1000円の入場パンフレット購入するところだった^^; ちなみに、文学フリマのパンフレットは無料です! これはやっぱり入りやすい!
で、予想外に盛況してました。サークル参加数もかなり増えてるみたいで。サークル参加数だけでなく一般の方も多くいて賑わってました。数年前にここに来た時とは大違いでした。
CIMG1142.jpg
自分も過去に参加してましたから知ってますが、見本誌コーナーとかあります。これがコミケとかコミティアとかにはない点ですね。サークルさんの前まで行かなくとも出展作品が読めてしまうのです(まあ、小説はスペースの前で立ち読みなんてそうそうできませんからねぇ)。
なかなか装丁が凝っているサークルが増えたなぁ、という印象。しっかり文庫本サイズで且つボリュームもある作品とか、まるで本屋に売っていそうなカバーデザインとか。○○賞での選考通過作品掲載だったりとか。そういう方の文章はやはり巧い。選考通過も頷ける巧さです。
レベルがどんどん上がってくなぁ、と(まあ、過去にもプロ作家が個人で参加したりしてましたが)。
CIMG1148.jpg
で、お目当ての『ばるけん』さんでにゃんばるさんとお会いし、作品購入してきました。
『猫筆屋 伍』と小冊子。他にもかなり凝った豆本(アコーディオンのような形のものを)制作されて出展されてたんですが、予算の都合で買うことはできませんでした(;´Д`)

お目当ての品を買い、帰宅~。

ということで、この三連休はイベント三昧でした。
普段はオンライン上だけでのやりとりなので、実際お会いできたのは良かったです。こちらは緊張しまくりで挨拶しましたが(サークル側の方が緊張すると思うのですが……すみません^^ゞ)。

いつかまた文学フリマにサークル側として参加したいとは思いますが、そのためにはある条件をクリアせねば……そういう日が来るといいですねぇ。。。
2014-11-24 22:41 | 未分類 | COM(0) |
水族館に展示されている生き物の中で、特に地味なのが、蟹なのだと思う。

CIMG0567.jpg

CIMG0568.jpg

水族館に、蟹が見にいきたい! と思う人はほとんどいないんだと思う。
どうやら蟹(特にタカアシガニ)の展示コーナーを観ると、怖いとか不気味とかで驚く人もいるそうだ。脚がやたら長くでかいからね。

不気味とか怖いとか地味である要因は、他の展示コーナーに比べ水槽がかなり暗く、しかも蟹自体がほとんど動かないので、じーっと観ていてもちっとも面白くない(みんな、ほぼ素通りしてた)。かつやたら脚が長いので蜘蛛に見えなくもない。

個人的には蟹コーナーを観て、不気味とか怖いと思ったことはなく、むしろ「これだけ大きい・脚が長いと、食べる部分が多くて、食べやすそう。蟹好きにはきっと嬉しいよね」とかいう考えが浮かんでしまうのである(^^ゞ
そう、水族館に来て、最も『食』を連想させてしまうのが、蟹なのだと思う。
個人的に、食べる機会はまったくないですけどね;; 缶詰でも買ったことないよ。。。

CIMG0560.jpg
あと、も一つ、不気味と言われてしまう生き物が、ダイオウグソクムシ。
いや、人気はあるみたいだけどね、ダメな人は全くダメみたいで。好き嫌いがはっきり分かれる生き物だと思う。

CIMG0716.jpg
おまけは、HGUCのVガンダムと、
KC280022.jpg
昔撮った、ダンバインのプラモ(なつかしーね)。
2014-11-16 20:03 | 未分類 | COM(0) |
先月と今月で続けて資格試験受けて、両方とも合格しましたよ。
マイクロソフトのMOSなのですがね、十月にWordのスペシャリスト、十一月(つい先日)にExcelのスペシャリストを受けたのです。
ちなみに、MOSってWord・Excel・Access(かPowerPointのどっちか)を三つセットで受けるものなのかと思っていたら、一つ一つで受けられるものなのだと最近になって知り。しかも、随時試験を行っていて、希望日を決められる。しかもしかも受ければほぼ受かるという難易度の低いものだということも最近になって知り(簿記とかの方がはるかに難しい←過去に受けた経験あり)。
スクールでもExcelはIFとかVLOOKとかの関数が完璧だったので、高得点での合格間違いないでしょ、とか講師に思われてたり。
ただ、簡単だけど、受験料はかなり高い。一万円以上もする。簿記とかの受験料は安いのにね。この値段で落ちたらかなり泣けるね。。。

CIMG1131.jpg

CIMG1132.jpg

Excelは950点(1000点満点中)と九割越えの高得点で合格し、満足^^
Wordは862点と思っていたよりできなかった。WordはMOSの中で難しいといわれてるけど、それでも平均九割だそうだし。合格はしたものの、何故かがっくり。というのも、試験中、解答に対しての手応えが悪く、「もしかしたら、これは落ちるかも……!」と焦りが募って、過度に緊張してしまったから(合格したのを見てほっとはしましたが)。それだけでなく、試験前に受験ID登録する際、名前欄をちと間違えてしまったこともあり。
MOSってマイクロソフトがやっている資格試験なため、登録の際、英語記入がやたら多い。しかも、何故か漢字の名前入力する欄にミドルネームという欄が。
で、Word受けた時、このミドルネーム欄をフリガナだと勘違いしてしまい、苗字フリガナ名前となってしまい、それを試験後に直すことができない仕様で、合格証にもその名前で登録されてしまうという。。。 合格証としてなんか使えないジャン、みたいなテンションに……。いや、まあ、これこれこういう資格取りましたって伝える時、別に合格証なんて見せたりしないんだけどね。
あと、なんか試験官が「合格できて当たり前」「高得点取れて当たり前」みたいな顔してたのが、どうもね。。。 あれで更に八割半という自分の点数が恥ずかしくなった……。 

まあ、Excelは同じ失敗しないようにちゃんとした名前で登録して受けましたよ。点数も高得点だったし、受かって素直に満足しました^^ 満点でなかったのがちょっと残念だと思ったほど^^ 欲しかったのもExcelの資格だったし。

資格は他にビジネス実務法務検定3級なるものを持っている(←ビジネスといっても民法とか普段の生活で役立つそうな法律関係)。この資格を持っていても特に何かプラスになったことはない。。。T T

CIMG1111.jpg

CIMG1121.jpg

おまけの写真は、結構前の月食を撮ったもの。
2014-11-11 00:46 | 未分類 | COM(0) |
PS2のパワプロ13(2006年度発売)、ペナントを20年間プレイし終えました。
千葉ロッテが優勝したシーズンデータのパワプロ。
IMGc_0576.jpg

多分二年前くらいからプレイして、この前ようやく20年間分終えられました(パワプロのペナントモードは20年間で終了。その後、エンディングが流れる)。

で、自分で作成したキャラ(サクセスキャラ)で色々と記録を残せました。

IMG_0583.jpg
IMG_0582.jpg
20年目で、早乙女(外野手)が3000本安打達成したり、
IMG_0577.jpg
通算得点数記録4位にランクインしたり。
IMG_0589.jpg
松沢(内野手)も20年目最終戦でなんとか3000本安打達成したり、
IMG_0579.jpg
同じく通算得点数記録にランクイン。
IMG_0580.jpg
ピッチャーの流基が20年目でどうにか200勝達成。
この流基、もともとはマリーンズの選手ではなく楽天の選手として入団させて、その後FAで自チームに。楽天時代はなかなか勝てず、けれどFAでマリーンズに入団させてからはシーズン20勝したりなど勝ち星をどんどん挙げていきました。
途中で衰えが出てきてからは、中継ぎや抑えもやらせてみたり。で、最優秀中継ぎや最多セーブ獲得なども。
IMG_0587.jpg
本当はうちのチームは純章が一番のエースだったのですけどね、途中FA権行使で海外移籍してしまい、数年間国内での記録がなく。ただし、純章は沢村賞獲得。シーズン20勝したりなど、流基よりも活躍してました(ただし、それを上回るほどの活躍を中盤から終盤見せたのが、ドラフトで獲った板野。奪三振が毎年トップ! 更に終盤投手四冠と沢村賞を受賞。特殊能力としては純章の方が遥かに上なんだけどね)。

で、野手では早乙女より、松沢より活躍したのが、
門脇。
IMG_0591.jpg
当初は盗塁王だけを獲っていたのだが、
IMG_0594.jpg
本塁打王に何年も輝いたり(のちにドラフトで獲った鮎川が代わって本塁打王になり続け)、
IMG_0586.jpg
打順一番を毎年打たせていたので、通算先頭打者本塁打数もトップに。
IMG_0584.jpg
その上、シーズン3割30本30盗塁も複数年記録してしまったり、早乙女よりもずっと早く3000本安打達成してしまったりと超人ぶりを発揮(特殊能力的には早乙女とそんなに変わらなかったんだけどね)。
ただし、打率3割は毎年ぎりぎり。なので三冠王になるのはとても無理でしたけどね。
あと、能力的に早乙女・門脇と大差ない松沢が意外と記録を伸ばせなかったのはどうしてだろうか。ホームラン数もあまり伸びず、四番を打たすこともできなかった(まあ、ショートの守備職人として輝いてましたが)。
ホームラン王は、門脇→鮎川→宮崎という順で続いていった。
IMG_0592.jpg
歴代打点記録は四番を多く打ち続けてきた早乙女、そして門脇、松沢の順にランクイン。

ちなみに、二十年間リーグ優勝し続け、19回の日本シリーズ優勝。あまりに勝ち続けるのでつまらない
プレイヤーに有利なゲームとはいえ、20年間分もプレイしていると色々な記録が生まれて、終えるのがなんか勿体無い気分でしたが(それまでのトータル記録なんかも消えちゃうしね)。
でも、PS2のゲームだし、これでもうこのゲーム(13)をプレイすることはないでしょう。

けど、近年のパワプロってなんかちょこちょこ不具合があったりして、プレイしづらいとの声も聞いたり(2011はプレイ済み)。この前出たばかりの2014はどうなんだろうか。2013も気になるけど。ホームラン演出とか燃える要素もかなり増えたそうだし。
2014-11-03 13:13 | 写真ブログ | COM(0) |
プロフィール

純章(すみゆき)

Author:純章(すみゆき)
命中率ほぼ0%な射手座の人。
小説家を目指すもなかなか結果出ず。

時代小説好き。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
訪問者数
twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。