先日、両国に行ってきた。

IMG_0769.jpg
両国駅、近いは近いけど、秋葉原で総武線に乗り換えしなくてはいけないので、少し面倒。まあ、普段行くような場所じゃないから(駅の周辺は両国国技館と江戸東京博物館がある程度で、他には相撲部屋とかがあるそうです)。

IMG_0768.jpg
駅を出たところにある相撲の像。まさに相撲の街っていう感じ。

IMG_0770.jpg
こんな像が立ってたり。道を歩いていると、力士が歩いてるのを見かけたり。相撲好きにはたまらないんでしょうね。おじさんたちが力士に握手お願いしてました。

IMG_0771.jpg
目的は、『江戸東京博物館』。
小説(時代物のを)書くための資料集めにいったんですがね。
月曜で休館日だった。。。 貴重な平日休みだったのに、残念。。。
IMG_0772.jpg
ちなみに、『江戸東京博物館』は江戸関係の資料館で最も規模が大きい。江戸の他にも東京空襲の資料とか色々とあり、訪れる人も多い。

しかし、『江戸東京博物館』が休館だからといって(知らずに行ったからといって)、ただでは帰らぬ。
IMG_0775.jpg
ということで、近場にある『旧安田庭園』に行ってみましたよん。

IMG_0776.jpg
スカイツリーが見える。

IMG_0781.jpg
日本庭園といえば、橋ですよね、橋!

IMG_0777.jpg
そして、日本庭園といえば、灯籠ですよね、灯篭!

IMG_0783.jpg

IMG_0784.jpg
でもって、日本庭園といえば、池ですよね、池!

IMG_0779.jpg

IMG_0788.jpg
白い鳥が集まってた。
IMG_0789.jpg
もしかして、あれ、ウミネコなのかな。カモメとは違う、ちょっと変わった鳴き声だったから。くちばしの色からしてもウミネコっぽいかな。

IMG_0793.jpg

IMG_0796.jpg

IMG_0794.jpg

IMG_0795.jpg

小さな庭園だったけど、探せば写真で撮りたいものはそこそこある。

そんなこんなで日本庭園を楽しんだ一日でした。

ちなみに、午前はひとりカラオケ(JOYSOUND)やって、自己最高の98.8という点数を出してしまった。
IMG_0761.jpg
ガンダムF91のエンドソング。森口博子さん。
IMG_0764.jpg
陰陽座の歌。
IMG_0762.jpg
石田耀子『永遠の花』(アニメ『藍より青し』のオープニング)で最高点出せたのも嬉しかった。ちなみに『藍青』は全巻持ってる大好きな漫画。

もはや自分、これより上の点数を出せることなどないだろう。これからは(あまり)点数を気にせずに歌えそうだ。
あと、Suaraさんの『春夏秋冬』が追加されてた。お気に入りの歌だったし、ずっと歌いたいと思ってたんだよなぁ(この日、早速歌ってみたし^^)。
スポンサーサイト
2015-02-18 22:23 | 写真ブログ | COM(0) |
第二十回の文学フリマ、参加決定っぽいですよ。
早乙女純章になってからは初参加ですね~。

で、過去に自分が主催したサークル『清泉の雫』。ペンネームは早乙女史起として。他に執筆メンバーが三名。
CIMG1183.jpg
冊子として刊行したのは二冊あります。

『空と大地の狭間』と『追想の音』

どちらも表紙絵は翠静藍さんでした!

どうやらこの『清泉の雫』そこそこ注目されていたみたいです。ネットでレビューが書かれてあったのを最近になって知りました。
まずやはり翠静藍さんの表紙絵ですね。この美しさで目に留まる方が結構いらっしゃいました。
あとは、掲載作品のジャンルですね。童話・現代・ファンタジー・数学小説とかなかなか幅広いジャンルだったのですよね。

で、二回目はリピーターさんが結構来て下さいました。一冊目のあの作品が良かったよ、っていう感想をいただいて、二冊目を買っていただけたり。で、その二冊目の作品集が更に好評だったり。

三回目は、新刊冊子はなかったのですが、個人(早乙女史起として)のコピー本(自分でコピー機を使って冊子を自作すること)も出したりしました。これも用意していたのがほぼ売れましたね。
コピー本はどちらも童話でしたが、好評でした。意外と男の人が購入してくれてたなぁ、と。

『清泉の雫』は個人的に諸事情あって終了させてしまいましたが、やっぱり地道に良い作品を書いていくことが大切なのかもしれませんね。

ちなみに、次回参加する文学フリマに↑の二つの冊子も持っていきますよ。在庫がまだあるのです^^;
それに加えて、『海のきつね』ですね。
他に何か作れるかな~。
2015-02-14 23:56 | 小説関連 | COM(0) |
『海のきつね』がDiGiket.comでも販売開始されました。

海きつね表紙2


価格は515円です。
大人向け絵本・大人向け童話と謳っていますが、もちろん大人でなくても楽しめる内容です。
よろしくお願いします。




2015-02-10 07:30 | 未分類 | COM(0) |
むこうがわの友だち (ノベルズ・エクスプレス)むこうがわの友だち (ノベルズ・エクスプレス)
(2015/02/04)
小浜 ユリ

商品詳細を見る


小浜ユリさんの新刊がポプラ社から発売されました。
プロになられてから三冊目ですね。
作品としてはそれほど特徴が強いというものではないですが、アマチュア時代からとにかく構成が巧い・テクニック派というイメージの作家さんです。
ニ作目の『むこうがわ行きの切符』では第22回椋鳩十児童文学賞を受賞されてます。

プロになられてから色々と苦労もされているようですが、まだこれから注目度が上がってきそうです。
そして、自分にとって、こっそり目標にしている作家さんの一人(過去にアマチュア時代に小説投稿サイトでちょっと交流があったため^^ゞ)。
2015-02-10 00:03 | 小説関連 | COM(0) |
次回5/4に開催される文学フリマ東京に参加申し込みしました。
まずは抽選……なんですね。
参加決定したら、出展作は『海のきつね(パッケージ版)』と、過去サークル『清泉の雫』の冊子になると思います。他にコピー本も出したい、かな。
2015-02-08 11:59 | 小説関連 | COM(0) |
最近更新してなかったですね。
二月もすっかり一週目が終わってますよ。節分も過ぎてしまいました。

まあ、色々書いたり描いたりしていたもので。

『海のきつね』もようやく完成し。

そういえば、当然ながら、うちには小説が多い。まあ、小説書く人の中ではかなり少ないんでしょうが(図書館で借りる率も高いし)、それでも本棚に収まりきらず、ダンボールに入れたままにしてたり。
あまり本を捨てること・売ることってしないから、ってこともあるんでしょうね。
大きい本棚がほしいけど、お金はないし、プロの作家になるまで貧乏生活は続く。。。
2015-02-08 00:45 | 未分類 | COM(0) |
プロフィール

純章(すみゆき)

Author:純章(すみゆき)
命中率ほぼ0%な射手座の人。
早乙女純章(すみゆき)のペンネームで執筆活動。
童話などをAmazonの電子書籍で販売中。
時代小説好き。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
訪問者数
twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR