新妻は武家娘

眠りを誘う癒し音声作品のシナリオ制作しました。
時代物(江戸時代)の武家娘の言葉遣いをイメージした作品です。
あくまでイメージで正式な言葉遣いなのかは正直分かりません。まあ色々な時代小説を読んできましたが、結構作品や著者によって武家の女性の言葉遣いが異なったりしますからね。当然各々の家によっても言葉遣いは異なってたでしょうし、どれが正解でこれが間違ってるなんていうのはないんだとは思います。でも、時代小説で描かれる言葉遣いには極力してみました。

ボイスは藤堂れんげさんが担当してくださいました。
藤堂れんげさんといえば、当サークル碧い泉の『海のきつね』でお父さんきつねを演じてくださった方です。
本当に武家娘の丁寧語にぴったりの演技をしてくださいました。安心して古めの丁寧語を聴くことができます。続きを読む
スポンサーサイト
2015-03-29 02:07 | 未分類 | COM(0) |
この前の土曜に駒込の六義園に行ってきました。梅の花を撮りにね。
個人的に、桜より梅の花の方が好きだったりする。桜もいいんだけどね、うちの最寄り駅には『飛鳥山』という桜の名所があるもので、春になると咲き乱れているのを目にする機会が多いのです。
溢れる桜より、淑やかな梅、という感じですかね。

IMG_0901.jpg

IMG_0837.jpg
六義園の入り口。染井門がこの時期は開いているようです(普段は別の入り口からのみ入園できる)。

IMG_0872.jpg
庭園の周りをビル群が囲んでます。こういうところが都内23区にある日本庭園だ! といった感じですかね。
IMG_0862.jpg
外国人観光客の姿もかなりありました。春分の日だったからか、賑わっていましたね。
IMG_0858.jpg

IMG_0877.jpg
鴨。黒と白、羽の色が特徴的。なかなか他では見かけないような鴨ですね。

IMG_0864.jpg
これが噂の渡月橋!
IMG_0854.jpg

IMG_0847.jpg

IMG_0852.jpg
吟華亭という建物があった場所。
IMG_0898.jpg
この建物で食事をしたり、花見を楽しんだりしたそうです。看板には当時の写真も載っています。

IMG_0882.jpg

IMG_0885.jpg

IMG_0887.jpg
敷地としては結構広いです。旧古河庭園よりも広く、見所が色々あります。
IMG_0892.jpg

ここからは撮った花を載せていきます。
IMG_0889.jpg

IMG_0839.jpg
当然ながら、この季節、椿が多い。
IMG_0841.jpg

IMG_0865.jpg
梅も半分は枯れてしまっていましたが、綺麗に咲いているのもしっかり撮れました。

今回はここまで。
2015-03-26 23:03 | 写真ブログ | COM(0) |
先日、母の三回忌が行われました。
うちの家系は三月に亡くなる人が多い。父方・母方の双方の祖母も三月。

うちは(特に母の)親戚が多いので、こういう時に久々に会えたりします。
自分たち兄弟含め、いとこは9人いて(それぞれ三人兄弟)、歳もみんなそれほど離れていず。わりと仲はいい方なんだと思います。
祖母が亡くなった時は、いとこ全員が揃ったりもしましたからねぇ。まあ、かなり離れた場所に暮らしている人たちもいるため、そういう時くらいしか会えないんですが、会えると嬉しいもんです。昔の面影がなーい、とか^^
いや、もしかしたらいとこたちと仲がいいというより、うちらが伯父伯母叔母たちと仲が良いといえばいいのだろうか。

で、先日の母の三回忌、終わった後にみんなでカラオケしに行こうということになり(伯父が提案したらしい)。
自分が予約し、やってきました(多分、自分が一番カラオケに慣れてるということもあり。また、色々歌えるということも親戚の中で話題になっていたらしく^^;)。
年齢層がかなり高く、演歌とか歌謡曲がやはり多かったですが、これなかった従姉妹の代わりに、別の従姉妹の子供(五歳)が伯母に連れられて来てくれたんですね。なので、童謡なんかも歌ってくれたりしました。

自分は『secret base ~君がくれたもの~』を歌って、不覚にも終盤感極まり……声が……^^; ああいう場だし、あのアニメも泣けたしで、いろいろ込み上げ……なんかちょっと恥ずかしかった^^

母が歌が好きだった・コーラスとかでも大会に出たことがあったくらいなので、歌が好きな家系なのかも。叔母もなかなか巧かったし。普段は大人しい人たちも積極的に歌ってたし^^
母は親戚の中で一番早くに亡くなってしまいましたが、こういうみんなで会って親睦を深める機会を与えてくれて感謝ですね。なんだかんだで母は実はあの兄弟姉妹の中で一番仲を取り持つ役をしていたんじゃなかろうか、と思う。

また今度はいとこ同士で集まってカラオケしたいですねぇ。なかなか会えない西日本にいる従兄弟たちも含め。
こういう縁はやはり今後も大事にしたいですね。
2015-03-10 22:38 | 未分類 | COM(0) |
再びの奈良へ……じゃない近場の旧古河庭園へ。
東京北区の名所の一つですね。

IMG_0797.jpg
やっぱり写真は石灯篭から始まります^^
IMG_0799.jpg
日本庭園といったら灯篭ですもんね。
IMG_0800.jpg
で、茶室。
IMG_0802.jpg
灯篭の造り・種類にもきっちり名称があったりします。
『奥の院型灯篭』。でも、今回この写真は撮らなかった(^^ゞ 十二支が彫られてたりします。

IMG_0807.jpg

IMG_0815.jpg
灯篭の見える池。
IMG_0819.jpg
これは撮った。『濡鷺型灯篭』
IMG_0820.jpg
↑これがそう。笠の部分が他と違い特徴あります。どこか街燈っぽく、近代的な形の灯篭に見える。

IMG_0818.jpg
『十五層塔』
IMG_0816.jpg
↑これがそう。両国の旧安田庭園にも同じ形のものがありましたね。

IMG_0825.jpg
滝と、
IMG_0809.jpg
そして、これが旧古河庭園の洋館。
まるで深窓の○○という方がいそうな趣きのある建物ですよね。
遠い場所から撮りましたが、間近でも観ることができます(中に入ることはできませんが)。
IMG_0415.jpg
前回秋に行った時の、別の角度から撮った写真。

この日は、梅の見頃だということで行ってみたんですが、園内歩いても歩いても梅が見当たらない。
どうやら入り口付近にあったらしい。てっきり椿なのだと思ってた。。。(- -;) ちょっと思っていたより梅の木が寂しくて。
やっぱり旧古河庭園は、バラなのですね。バラはかなり豊富な種類が咲くのですよ、ここ。
IMG_0813.jpg
仕方ないので、園内でたまたま見かけた猫を撮ってみました。
でも撮れたのは一枚だけで、あっという間に逃げていってしまいました。
動きが速い被写体は撮るのが難しいですね、ほんと。


さて、もうすぐ母の三回忌です。親族集まってのカラオケ大会があります。母は歌を歌うのが好きでしたから、その血が自分にも受け継がれてるんでしょうかねぇ。
何を歌おうか迷うけど、楽しみだ~!
2015-03-03 21:40 | 写真ブログ | COM(0) |
プロフィール

純章(すみゆき)

Author:純章(すみゆき)
命中率ほぼ0%な射手座の人。
早乙女純章(すみゆき)のペンネームで執筆活動。
童話などをAmazonの電子書籍で販売中。
時代小説好き。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
訪問者数
twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR