上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- --:-- | スポンサー広告 |
旧古河庭園で開催されている『春のバラフェスティバル』に行ってきました。
まあ、旧古河庭園は最寄り駅から一駅分歩けば着くくらいの場所(JR京浜東北線上中里駅)なので行き易いっていうのもあるんですが、優美で淑やかなバラも一眼で撮ってみたかったので^^
IMG_1766.jpg IMG_1768.jpg
飛鳥山を通り越して西ヶ原の方へ向かいます。途中で小さなアジサイの花を見かけたり(この時期からすでに咲いてるんですね)。

こっちが予想していたよりもずいぶん人がいましたね。上中里・西ヶ原近辺がかなり閑静な場所で、旧古河庭園内もいつもはそんなに人がいる場所ではないので。更に天気もそんなに良くはなかったので余計に驚きでした。
また、一眼を構えて撮っている方が多かったです。あの中にはプロの写真家もいそうです。年齢層も幅広く。
やっぱり、『バラフェスティバル』がメインの庭園なのかもしれないですね。とにかくかなり沢山のバラの品種が育てられていて、この時期(あと秋)に見頃を迎えるのです。

前日に雨が降ったので花が濡れていて、更に洗練されて見目麗しい姿になったように感じます。雨に濡れても優雅さは全く失われないというね。加えて、柔らかな印象も変わらないという。
IMG_1857.jpg

IMG_1844.jpg

IMG_1770.jpg

IMG_1773.jpg

IMG_1774.jpg

IMG_1775.jpg

IMG_1777.jpg

IMG_1778.jpg

IMG_1781.jpg

IMG_1783.jpg

IMG_1785.jpg

IMG_1782.jpg

IMG_1792.jpg

IMG_1794.jpg

IMG_1795.jpg

IMG_1817.jpg

IMG_1828.jpg

IMG_1804.jpg

IMG_1818.jpg

IMG_1822.jpg
バラは優雅であると共に柔和な印象がとても強い花なのだと思います。棘があるのも茎の方で、美しさの源である花自体は触れることを拒むようなことはしませんからね。
ちなみに個人的には薄紫色のバラが殊に優美だと感じて好きですね^^

あとは日本庭園の部分です。
IMG_1850.jpg

IMG_1852.jpg

IMG_1855.jpg

日本庭園でバラが似合うところというのもここくらいなのだと思います。洋館がある光景と見事に調和します。

以上、旧古河庭園の『春のバラフェスティバル』でした。行って良かった!
ちなみに夜はライトアップされるそうですよ!
スポンサーサイト
2015-05-16 23:04 | 写真ブログ | COM(0) |
久々(正月以来)に王子狐の行列の狐火提灯を写真で撮りました。

IMG_1760.jpg
時間帯にもよるんでしょうが、灯りが強調されてると雰囲気も倍増ですね。

IMG_1755.jpg
あと、王子神社の境内にある関神社も撮りました。
IMG_1756.jpg
毛塚があります。
百人一首などで知られる歌人・蝉丸法師、逆髪姫、古屋美女が祀られているそうですよ。
頭髪に関する悩みを持った方々がよく参拝されるんだそうな。髪の毛は大事ですからね、こういう神社があるのもいい!

IMG_1750.jpg

IMG_1754.jpg
あと王子神社の双方の狛犬を撮ったり。やっぱり子連れと宝玉持ち(←このスタイルが一般的)。

IMG_1741.jpg

IMG_1744.jpg
写真掲載の順番逆になったけど、王子神社。
2015-05-16 17:03 | 写真ブログ | COM(0) |
Bookshorts第4期で優秀作品に選ばれていた自作『ビルの木』(宮沢賢治の注文の多い料理店をモチーフにした作品)。

残念ながら最終候補作(12作品)には選ばれませんでした(^^ゞ

まあ、でも、この作品が優秀作品に選ばれただけでもかなり健闘したといえますし、あまり自分らしさは出ていない内容の作品だと思っていたので、この結果が妥当なのだと思います。

この作品が残るなら、他の作品ももしかしたら、という思いにもなりましたし、結果が出たのは確かなので。

次の賞に向けてがんばりますよ~。
2015-05-12 21:27 | 小説関連 | COM(0) |
GW期間中にイベントに参加してきました。
M3という音楽・音声系イベントは一般参加者として、
文学フリマはサークル参加側として。
ちなみに開催場所はどちらも東京モノレールの流通センター駅です。

CIMG1296.jpg
↑M3の戦利品。目的だったサークルさんは一つだけで、あとは後日開催される文学フリマのためにレイアウトがどうだとか色々と見物させていただきました。ちなみに、一般参加者すごい数でした。入場料代わりとなるパンフレット買うだけでも並びましたし、展示室の通路も人で溢れてました(なかなか前に進めないとか)。かなり長い行列ができているサークルさんんも結構あったりして、こんなに盛況するもんなんだなぁ、と(コミケやコミティアと変わらないんじゃないか、というくらい)。もちろん、なかなか人が訪れていないサークルさんの方が多い印象ではあるのですが。

そして、5/4に同会場で開催された文学フリマに自サークル『碧い泉』参加してきました。
CIMG1302.jpg
↑自サークルの設営はこんな感じ。そういえば、C-66っていう目印を点けるの忘れてました。

冊子は健闘しました。二桁売れました。
ただ、素通りする方の多いこと多いこと(^^; 目もくれない人の多いこと多いこと。
過去にも文学フリマには数回参加したことがありますが(当時の会場は大田区蒲田の産業プラザPioで)、その時はもっと立ち止まって見てくれた方が多かった記憶があります。
また、他の近隣のサークルさんもそうでしたが、買われないですね。立ち止まって見てもらえても購入まではいかないという。とにかくどこも暇そうでした(自分の目に入る範囲のサークルさんなので、盛況していたところもあったのかもしれないですが)。文学フリマはもともと一般参加者が少ないイメージなのですが、M3とかコミティアと比べるとそれがとっても顕著です^^; 他のイベントは通路が人で溢れるのですが。。。
また、自分の場合、蒲田での参加経験しかないのでそれと比べてしまうのですが、「ちょっと気になって会場に見に来てみました~」「寄ってみました~」という方がまったくいなかったです(蒲田では結構そういう方が来て下さって声をかけてくださったもので^^;)。
今回の文学フリマの集客数が今までと比べてどれくらいだったのか分かりませんが、やはり少ない印象です。まあ『みどりの日』でしたからね。みどりの日といえば本来有料のスポットが無料で観覧できるようになったりする日なので、そういう点でもちょっと厳しかったかなぁ。
あと、以前は文フリに参加していた作家さんが、コミティアの方に移ったりしているのもちょこちょこ耳にしたり。

そんな中でも今回購入してくださいました皆様方、ありがとうございます!(筆力の拙さが目立つ過去作ばかりが売れてしまったのがどうにも残念でしたが^^;)

CIMG1305.jpg
で、↑が今回の戦利品です。
過去に同じ年に電撃で選考通過した方で、名前を覚えていた方の作品を購入してみました。
やはり文章力が他の方と明らかに違います! 良い作品を手に入れられたなぁ、といった感じです^^

でも、まあサークル側として久々にイベントに参加してよかったです。

ついでに、↓の作品、ダウンロードサイトで販売しておりますので、よろしくどうぞ!
新妻は武家娘
癒し音声作品『新妻は武家娘』 税込み324円

『海のきつね』もダウンロードショップで販売中! 税込み515円。
三浦半島浜諸磯のきつね浜が舞台の児童文学・童話作品です。
海のきつね
2015-05-06 12:47 | 小説関連 | COM(0) |
5/4(明日)に第二十回文学フリマ東京(流通センター駅)に、碧い泉(早乙女純章)が参加いたします!
C-66

出品作品は、
bunfuri2
『音声付デジタル絵本 海のきつね』


『空と大地の狭間』(過去サークル『清泉の雫』)
『追想の音』(過去サークル『清泉の雫』)

bunfuri1
『看板の記憶』

以上、四点です。

価格はこちら
bunfuri3

よろしくお願いいたします。
2015-05-04 00:03 | 小説関連 | COM(0) |
プロフィール

純章(すみゆき)

Author:純章(すみゆき)
命中率ほぼ0%な射手座の人。
小説家を目指すもなかなか結果出ず。

時代小説好き。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
訪問者数
twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。