今年はやっぱり山田風太郎作品を多く読んでいる傾向がありますね。
ちなみに、現在は『忍法八犬伝』を読んでいます。相変わらず、この方は文章が巧い上に、内容もエロい^^

IMG_2669.jpg

ちなみに、今日は東武スカイツリー線・東向島駅にある、『向島百花園』に行ってきました。
都立庭園スタンプラリーというイベントをやっているそうで、都立9庭園のうち5庭園のスタンプを集めるとプレゼントがもらえるというもの。
スカイツリー(とその周辺)はまだ行ったことないんですが、北千住乗換えで、わりと簡単に行けるっぽいので近いうちに行ってみたいですね。

写真は、また次の機会にアップしよう。
スポンサーサイト
2015-10-25 23:28 | 小説関連 | COM(0) |
先日、名作映画『蠅の王』を観たわけだけれど、
これって現代社会に大いに当てはまることだよね。特にネット社会では。
作品では無人島だったけれど、それをネット内と置き換えればいい。
集団で権威・権力に寄り集まり、見えない『何か』(作品では『怪物・悪魔』だが、ネット社会では『見えない相手』であろうか、それとも目に見えない『意見・思想』か)に怯えながらも、それをある意味崇拝し、獣化・暴徒化していく。
作品では『文明』によって少年たちは我に返るのだが、皮肉にも文明が暴徒化を招いた今は、我に返らせるものは『何で』あろうか。
やはり、自分たちが『人間』であることに気づくことだろうか。集団から離れ、『個』となる。まさに原点回帰。と僕個人としては思う。そもそも『ネット住民』なんてものは存在しないものなのだ。その向こうにいるものはただの個々人、すなわち『人間』であるのだから。『人間』であることを目で見ると、意見の捉え方がまたずいぶん変わってくるからね。
結局、ネット社会では、相手を『人間』『一個人』として捉えていないことが大きいのだろうと。
だから、その意識で暴走が進むと、殺人を犯しても・誹謗中傷など平気でしても、罪の意識が希薄で、自身の罪そのものを闇に隠そうとするのだろう。

結局は、見えない『何か』に踊らされているだけのような気がする。

まあ、ネット社会が生まれる前からも、こういう傾向はあったのだろうが。ネット社会が顕著すぎるのかもね。
やはり人間は集団で生きてはいけない気がするんだよな。ある程度のコミュニティーは必要だろうが、異常な権力・権威に迎合する集団は必要ないと思う。
権力・権威の介在しない集団は、調和、安定、豊かさをもたらすこともあるから全然いいんだけどね(そう簡単にいかないのがネット社会なんだよなぁ。権力・権威をひけらかす輩がどこに潜んでいるか知れないから。そして知らず知らずのうちにその権力に迎合してしまって異常な集団が出来上がってしまっている、と)。


もしかしたら話は大分逸れてしまうかもしれないが(でも、ある意味権力の一部)、
流行を作ってはいけない場で、流行が生まれるのも大きな間違いなんだと思う。本来、その場は、自由な発想を発表する場であって、その自由さが好まれて色々な人々が集まっていたはずなのに、流行が生まれてしまって、人々の目がごく一部にしか向かなくなる。流行に便乗して同じような発想・作品ばかりが生まれてしまう。挙句の果てには自由な発想を否定・淘汰する勘違いな輩が現れてくる。流行がいつの間にか『当たり前』のこととなってしまって偏った考えも当たり前になる。
これって一番愚かしいことだと思う。何のための自由な発想を発表する場所だったんだ、と。

やっぱり、流行が生まれない場は、自由度もあわせて活性しているし、高評価のものは、一層高い評価を受けることにもなっている。
2015-10-18 01:12 | 未分類 | COM(0) |
十月一日、都民の日に『旧岩崎邸庭園』に行ったことは書きましたが、
その後に上野動物園にも行ってみました。ここもこの日は入場無料だったのです。

IMG_2380.jpg
↑これは帰りに撮ったものですが、入場無料ということもあって入る時は人が結構いました。自分もこの日、一人で行ったのですが、一人で来ている方もいて特に珍しくない感じでしたね。実際、園内に入ってみると、大きな公園を歩いているみたいで、これならいつでも一人でこれそうな気楽な雰囲気でした。今まで思っていた上野動物園のイメージとは大分違いましたね。

この日は雨が降っていましたが、それでも賑わってました。まあ、一眼で写真撮る際には傘を持ちながらは結構大変なのですが、普通に動物を観るだけだと傘差しててもなんの支障もないんですよね(´Д`) そりゃ、雨の日でも人は来るわ、と。

IMG_2279.jpg
IMG_2280.jpg
虎。広いスペースを頻繁に動き回るから、なかなか側に来てくれない(観れない)。でも、人気の動物ですね。賑わいもすごかったですし、虎が側に来ると、やはり迫力があって歓声が上がります。

IMG_2286.jpg
ゴリラも人気がありましたね。人が集まってて、なかなか観れない。

IMG_2322.jpg
ゾウ。
IMG_2329.jpg
サル。
この辺りは動物園の定番です。当然、ゾウは撮りやすいですね。でも、ライオンとかクマがどこにいるのか分からなかった。園内マップを持っていないとダメですね。

ここからはバードハウスにいる鳥。やっぱり鳥を撮っていると楽しい(屋内だし、傘を手に持ってなくていいもんで^^)。
IMG_2289.jpg

IMG_2304.jpg

IMG_2305.jpg

IMG_2310.jpg

IMG_2318.jpg
せっかくの美しいカワセミがぶれてしまい、少し残念。でも、生でカワセミを観られて感動しましたよ。
IMG_2333.jpg

IMG_2343.jpg

IMG_2347.jpg
小獣館に入って小動物を撮ったり。しょっちゅう上を向いているのはミーアキャット。アルマジロもかわいいやね。

IMG_2354.jpg
IMG_2359.jpg
あとはまた動物園の定番ともいえる、カバとかキリンとか。他にサイとか、オカピとか、カンガルーとかもいたんですが、写真がうまく撮れず。。。

IMG_2369.jpg
いそっぷ橋付近で観られるレッサーパンダ。人気です。

ここからまた鳥(日本の鳥)。
IMG_2370.jpg

IMG_2377.jpg

こんなところですかね。
以上、上野動物園でした。気軽に行ったはずが三時間くらい観てました。
雨が降っていたから写真撮りづらく、今度は晴れている日にでも行ってみたいですね。レンズも今回はあまり適してないものを持っていってしまったから、その点も考慮して。
2015-10-17 00:49 | 写真ブログ | COM(0) |
家の玄関付近にいたヤモリたん。
帰宅後に見つけて、慌てて一眼を部屋から持ってきて撮った。
じっとしてくれていて撮りやすかった。
IMG_2515.jpg

IMG_2514.jpg

結構毎年見るけど、どうやらうちの庭に住み着いているようだ。
白っぽいヤモリだと思っていたけど、一眼のズームで撮ると、やっぱ灰色かね。足とか赤い色をしている部分も。
かわいい感じだと思っていたけど、結構凛々しい顔立ちをしている。
2015-10-16 23:44 | 写真ブログ | COM(0) |
久々に新作の小説が書けました~!
まあ、正確には新作ではなく、昔書いた『階段職人』のリメイク。ほんとに完全リメイクできました。ほぼ全く違う作品になりましたから。
より一層『階段職人』というタイトルが似合う作品になったかな。
400字詰め原稿用紙換算枚数21枚。ブランクが半年くらいあった中、一週間以内で書き上げられたから、自分にとって結構すごいことです。
一度執筆モードに入ると、二時間でも三時間でも眠気に全く襲われずに書き続けられるから、やっぱり書くことが好きなんだろうなぁ、と。

ただ、当初は童話として創っていくはずだったんですが、結局大人の方が強く感銘を受ける作品になってしまいました。イメージとしては、賢治童話のように結構文章を書き込む童話。
それは別に悪いことではなく、自分の持ち味だと思いますが、完全・簡潔・やさしい絵本みたいな童話を書くのって難しいなぁ、という思い。
2015-10-10 23:26 | 小説関連 | COM(0) |
久しぶりに小説執筆してます。

半年くらいブランクあったんですけど、一度執筆モードに入ると結構スムーズに書き進めていけるものですね。

過去にライター講座で教えてもらった特殊なプロットの書き方を用いて、複雑なプロットを完成させたから、書きやすいっていうのもあるんですけどね。自分の最大の特徴である裏テーマもしっかり盛り込んだストーリーで進めていけてます。
2015-10-08 00:50 | 小説関連 | COM(0) |
心の弱さを吐き出す、どこかに記すって、やっぱりとても大切なことだと思う。
2015-10-05 18:30 | 未分類 | COM(0) |
前回の記事と日にちが戻ります。
都民の日は残念ながら雨でしたが、普段有料の庭園とか動物園などが入園無料になるというので、傘を差しながらいってきました。
上野駅で降り、不忍池のほうへ歩いていき、

IMG_2263.jpg

やってきたのは、東京都台東区池之端にある『都立旧岩崎邸庭園』。

江戸時代には越後高田藩榊原氏、そして明治初期は舞鶴藩牧野氏の屋敷があったそうです。

この公園について、詳しくはこちらから。

西洋木造建築を楽しむ場所です。とにかく建物が美しい。
IMG_2256.jpg

IMG_2260.jpg

IMG_2257.jpg

IMG_2258.jpg

これまで観てきた日本庭園とは少し異なるタイプの庭園でしたが、ここはこの美しい建物内に入って中を観て回っていくという、まさに建物メイン。ちゃんと靴を脱いで中に入っていくんですよ。
ただ、中は写真撮影は禁止。中の様子が知りたい方は、是非その目で確かめてくださいね。

それにしても、傘を差しながら一眼レフで写真撮るのって大変ですね(;;)
2015-10-05 00:00 | 写真ブログ | COM(0) |
今日(正確には10/3の昨日)、TSUTAYAでDVDをレンタルしてから、たまたま飛鳥山に行ってみたところ、

『第32回ふるさと北区区民まつり』というものが催されていたのです。

ちなみに、飛鳥山といえば、江戸時代から桜の名所として有名な場所。また、この土地は王子狐の行列の伝説でも有名で、王子稲荷神社なんかもあります。北区の中でも結構名所が多い場所。

さて、お祭りが開催されているなんて全く知らずに飛鳥山を歩いていた自分。
NCM_0009.jpg
この時期にまだヒマワリが咲いているのかぁ! とか10月なのに蝉の鳴き声が聴こえるぞ、とかちょっとびっくりしたり、
IMG_2386.jpg
夕日を撮ったり。

そしたら、なにやら噴水のある広場の方で賑やかな雰囲気が。屋台もずいぶん並んでいて。
IMG_2391.jpg
で、『ふるさと北区区民まつり』というのが催されているのを知ったのですよ。

17:00だったし、もう終わったのかな、と思っていたら、なんと夜の部があるということで、どういうのをやるのかなと気になって、会場前で始まるのを眺めてました。
パンフレットももらい。そこには、『第12回S-GATE第Ⅱ章~飛鳥の森に想いをのせて~』と記載されていました。

で、区長の挨拶が終わってから、いよいよ始まりました。
歌と踊り、音楽演奏などのプログラムだそうです。
IMG_2390.jpg
ステージが幻想的。
IMG_2389.jpg

IMG_2395.jpg
観音姉妹というユニット。大正時代の名曲をよく歌う(カバー?)活動をされているそう。
IMG_2397.jpg
篝火も焚かれ、幻想的な雰囲気にマッチしていて結構盛り上がる。

持っていた一眼レフでパシャりパシャりと。

IMG_2402.jpg
お次は、王子兄弟というユニット。地元王子出身の方と八王子出身の方の男性デュオ。
IMG_2405.jpg
こちらも結構盛り上がります。
IMG_2406.jpg
ダンスチームのJ-Bonds.Overという方々も途中から混じったり。
IMG_2411.jpg
そして、王子兄弟と観音姉妹が一緒になって、『花は咲く』を歌う。歌もしっかり巧いから聴き入ることができました。

IMG_2420.jpg
そして北区を中心に活動しているダンスチームによるチアダンス。
IMG_2421.jpg

IMG_2422.jpg
更にはオリエンタルダンスと。

しかし、ここで個人的に大変な事態が。
なんと、一眼のバッテリーが切れた。。。(´Д`)
写真をそんなに撮るつもりなくて家を出たもので、充電してなかったのですよ。都民の日に上野動物園に行って結構写真撮ってたから、バッテリーも限界が近くなってたんですね。
一番観たかった・撮りたかった殺陣とゲストの弦舞の演奏が撮れなくなってしまいました。。。

しょーがないから、そのあとはスマホで撮りました。望遠には適していないのでかなりひどい写真ですが(^^;
NCM_0014.jpg
NCM_0017.jpg
NCM_0018.jpg
観客の人たちも巻き込んで盛り上がったJ-Bonds.Overのダンス。
NCM_0019.jpg
こうして見ると、ほんとにライブを観に来てるみたい(しばらくライブなんて行ってなかったからなぁ←って、行ったことあるのは水樹奈々さんのライブくらいなんだけど^^)。
NCM_0020.jpg
殺陣が始まり、
NCM_0021.jpg
美しい殺陣だったのに、写真がひどい。。。
NCM_0022.jpg

NCM_0024.jpg

殺陣が終わり、そのあとはゲストの『弦舞』
NCM_0029.jpg
ヴァイオリン、ギター、そして日本舞踊という異色の三人ユニットなのですが、
それぞれがすごい!
ヴァイオリン・竜馬――300本以上の映画・ドラマ・CMの音楽演奏を担当する。しかも主な作品が、海猿・コードブルー・三丁目の夕日・大河ドラマの龍馬伝・天地人・劇団四季のミュージカルなど。
日本舞踊家・花柳琴臣――NHK紅白歌合戦など舞台やメディアにて活躍。2011年文部科学大臣奨励賞受賞。2014年、スコットランドエディンバラフェスティバルフリンジにて最高賞の五つ星を獲得。
NCM_0032.jpg
こういうお祭りで、そういう著名な方の演奏が聴けるなんて、感動。
NCM_0033.jpg
やっぱり一眼でしっかり撮りたかった。。。

結局19:00あたりまで二時間近く立ちっぱなしで観てました。時間の流れを忘れましたからねぇ。それくらい良かったです。

ちなみに、『ふるさと北区区民まつり』は、10/4(日)つまり今日も赤羽や王子なんかで開催されるそうですよ。
2015-10-04 02:36 | 写真ブログ | COM(0) |
九月のシルバーウィークの前半には、江東区新木場駅の『夢の島熱帯植物館』に行きましたが、
そのシルバーウィーク後半には、板橋区高島平駅にある『板橋区立熱帯環境植物館』に行ってきました。
都営三田線なんて滅多に乗らないんですけどね(^^ゞ ちなみに巣鴨から乗り換え。

IMG_2215.jpg
行ったこの日は入場無料の日だったようで。得しました^^ ここに来るまでの電車賃が結構掛かっていたもので。

植物館ですが、ミニ水族館もあります。まず、入ると、そのミニ水族館から始まります。
IMG_2175.jpg IMG_2179.jpg
IMG_2170.jpg IMG_2178.jpg
IMG_2177.jpg IMG_2174.jpg
IMG_2180.jpg IMG_2182.jpg
ミニ水族館とありましたが、結構豊富な種類の海の生き物たちが展示されています。

そして熱帯植物ゾーンの始まり――
IMG_2184.jpg

IMG_2185.jpg

IMG_2190.jpg

IMG_2188.jpg

IMG_2189.jpg

IMG_2187.jpg

IMG_2191.jpg

IMG_2194.jpg

IMG_2196.jpg

IMG_2192.jpg

IMG_2198.jpg

IMG_2205.jpg

IMG_2213.jpg

IMG_2200.jpg

IMG_2209.jpg

IMG_2211.jpg

IMG_2206.jpg

IMG_2208.jpg
ハワイのあの首などにかける装飾品のレイとして用いられるプルメリア。
この植物館では特にこのプルメリアが印象的です。プルメリアを特集した展示コーナーもあるほど。
こうして観てもやっぱりすごい美しい花だって感嘆してしまいますもんね!

以上、ということで、板橋区立熱帯環境植物館でした。
なかなか東京の端、高島平の方って行く機会がないかもしれないですが、こういう観光スポットもあるので、是非興味のある方は行ってみたくださいな。
もちろん、独りで行っても楽しめますよ(^-)b
2015-10-03 00:58 | 写真ブログ | COM(0) |
プロフィール

純章(すみゆき)

Author:純章(すみゆき)
命中率ほぼ0%な射手座の人。
小説家を目指すもなかなか結果出ず。

時代小説好き。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
訪問者数
twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR