上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三連休、あっという間でした。いつも以上にあっという間の三連休だった気がします。
一日目は、資格試験。MOSのAccess2010。
受けるまでは、一番受かる確率が低いだろうなぁ、と思っていたんですが、受けてみると、意外といけるかも、となり、結果は今まで受けてきたMOS資格試験の中で一番高い点数(970/1000)での合格でした。やたーね(´▽`)
CIMG1147.jpg
その場ですぐに合否の結果が出るから、結構ドキドキ(ケアレスミスで減点多数なんてこともあるかも、とか)なんですが、高得点の画面を見て一安心。Access合格は今後かなりプラスになるかな。

CIMG1146.jpg
Word2010スペシャリストの合格証も届きました。ちゃんと名前(ミドルネーム欄に間違えて入力)が修正されててよかったよかった!

さて、二日目は東京ビッグサイトで開催されたコミティアに行ってきました。
通常の3倍屋。』という、よく見ているブログ(イラストブログとハムスターブログ)があって、ツイッターでもお世話になっている、しゃのあ~る。さんがサークル側で参加されていたので、行ってみたんですね。
『めんだこ村のメンダコたん』というサークルさんでした。
CIMG1137.jpg
東京ビッグサイトの建物。コミケでも行ったことあります。この日はコミティアの他に楽器フェスタなんていうのもやっていたり。
CIMG1138.jpg
国際展示場駅。
遠いから行くの大変だろうな、と思って行こうかどうしようか迷ってたんですが(コミティアは入場料代わりのパンフレットを購入しなくちゃいけないってこともあったり、翌日は文学フリマがあったりで)、でも、赤羽から「りんかい線直通新木場行き」で一本で行けるということで、意外に楽だなと思い行ってみました。
まあ、パンフレットも会場で購入すれば1000円だというし(事前に本屋とかで購入すると1300円――ただパンフレットで1000円はやはり高い気もするけど。だって、無料だとその分、出展作品購入できるじゃん)。

で、『めんだこ村のメンダコたん』でしゃのあ~る。さんとお会いしました(オンラインではメッセージのやり取りとかしてましたが初対面でした)。ポスターが目立っていてすぐに分かりました。
買うものは行く前から決めていたのですが(予算の都合とかもあってね)、実際出展作品の数々を見てみると、どれもクオリティが高く、決めていたもの以外の作品も欲しくなりましたね。
CIMG1145.jpg
いわゆる戦利品というもの。
『メンダコたん』の四コマ漫画とハムスターストラップ。他に無料でペーパークラフトとかも。
コミケほどではないですが、負けないくらいのサークル参加数。またコミケほど混雑はしてなかったですが、それでもかなり賑わってました(個人的にはこれくらいの賑わいの方が歩きやすくて好きです)。

で、三日目の今日は、文学フリマに行ってきましたよ。
過去にお世話になった『ばるけん』さんの新しい冊子目当てで(『猫筆屋四』という冊子に自分も参加し短編小説掲載したことがありましてね)。
また、文学フリマといえば、自分が代表として立ち上げたサークル『清泉の雫』で、三回参加した経験がありましてね。
CIMG1144.jpg
で、文学フリマは流通センター駅での開催です。自分がサークル側で参加した頃は蒲田駅の産業プラザPioという会場でした。
浜松町駅から東京モノレールに乗って流通センターへ(行く前に自宅の最寄り駅でひとりカラオケ^^)。モノレールなんて初めて乗ったよ(『ゆりかもめ』は通勤で乗ったことあるけど)。眺めがいい。
CIMG1139.jpg
着いて、
CIMG1140.jpg
すぐ目の前が会場の建物。

ただ、間違えて別のイベント会場に入ろうとしてしまった。この日、この場所では文学フリマ以外にもそういうイベントやってたみたいです(コスプレがどうたらとかいう案内もあったりしたので)。あやうく他のイベントで1000円の入場パンフレット購入するところだった^^; ちなみに、文学フリマのパンフレットは無料です! これはやっぱり入りやすい!
で、予想外に盛況してました。サークル参加数もかなり増えてるみたいで。サークル参加数だけでなく一般の方も多くいて賑わってました。数年前にここに来た時とは大違いでした。
CIMG1142.jpg
自分も過去に参加してましたから知ってますが、見本誌コーナーとかあります。これがコミケとかコミティアとかにはない点ですね。サークルさんの前まで行かなくとも出展作品が読めてしまうのです(まあ、小説はスペースの前で立ち読みなんてそうそうできませんからねぇ)。
なかなか装丁が凝っているサークルが増えたなぁ、という印象。しっかり文庫本サイズで且つボリュームもある作品とか、まるで本屋に売っていそうなカバーデザインとか。○○賞での選考通過作品掲載だったりとか。そういう方の文章はやはり巧い。選考通過も頷ける巧さです。
レベルがどんどん上がってくなぁ、と(まあ、過去にもプロ作家が個人で参加したりしてましたが)。
CIMG1148.jpg
で、お目当ての『ばるけん』さんでにゃんばるさんとお会いし、作品購入してきました。
『猫筆屋 伍』と小冊子。他にもかなり凝った豆本(アコーディオンのような形のものを)制作されて出展されてたんですが、予算の都合で買うことはできませんでした(;´Д`)

お目当ての品を買い、帰宅~。

ということで、この三連休はイベント三昧でした。
普段はオンライン上だけでのやりとりなので、実際お会いできたのは良かったです。こちらは緊張しまくりで挨拶しましたが(サークル側の方が緊張すると思うのですが……すみません^^ゞ)。

いつかまた文学フリマにサークル側として参加したいとは思いますが、そのためにはある条件をクリアせねば……そういう日が来るといいですねぇ。。。
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

純章(すみゆき)

Author:純章(すみゆき)
命中率ほぼ0%な射手座の人。
小説家を目指すもなかなか結果出ず。

時代小説好き。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
訪問者数
twitter
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。