昨日の夜、ひどい頭痛に見舞われ、吐き気や寒気もして、23時くらいに早々と寝たんですが、
深夜の1:30に目覚めて、そうしたらあれほどひどかった頭痛はもうすっかり治まってました。
薬も飲まずに、たった二時間半程度の睡眠で治ってしまったなんて、ほんと不思議でした。勿論、その後もすぐにまた眠りに就きましたけどね。
まあ、かなり寒い時期になってきたので、一時的に体調崩したんでしょうねぇ(ほんとに一時的に)。休みだったからよかったものの、体調管理には一層気をつけなければいけないですね。

さて、先日、不思議な神社の写真を撮ってきました。
まあ、稲荷神社の一つなのですが、
『装束稲荷神社』というちょっと変わったもの。

IMG_0602.jpg
大晦日になると関東一円の狐が装束榎と呼ばれる榎のもとに集まり、装束を整え(いわゆる人間の神職みたいな格好になって)、近くの王子稲荷神社へ初詣をしたという伝説があり、 歌川広重の浮世絵にも描かれているそうです。
その榎がこの神社の近くにあったそうです(今はもうない)。

IMG_0596.jpg

IMG_0595.jpg
例に違わず、稲荷神社といえば、狛犬ではなく狐の守り神が参道を挟んで向かい合わせにあります。
片方は宝玉っぽいのくわえてるけど、もう片方は何くわえてるんだろ。

IMG_0598.jpg

IMG_0607.jpg
なんと社には、狐のお面が!
こんなふうに狐のお面が奉られている神社も珍しいんじゃないでしょうかね。この光景だけでも、不思議な神社という雰囲気が感じられます。

IMG_0601.jpg
火ではなく電気の明かりですが、松明っぽく見えるからますます良い雰囲気を醸し出しています。なので、夜に見に来るのをおすすめします(この写真もわざわざ陽が落ちてから撮りに行きましたから)。

でも、この神社はものすごく規模(敷地)が小さいので、参拝もすぐに済んでしまいます。
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

純章(すみゆき)

Author:純章(すみゆき)
命中率ほぼ0%な射手座の人。
小説家を目指すもなかなか結果出ず。

時代小説好き。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
訪問者数
twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR