新年明けてから、早々に文芸賞に応募します(できます)。

新年早々に締め切りがくる賞といえば、

『アンデルセンのメルヘン~』ですね。童話系です(正確には童話という狭いジャンルではない)。

去年も出した覚えが(というかmixi日記に出した、と書いてあった。何を出したかは覚えてない^^ゞ)

去年書いた『行き着く果て』をいくらか削って、出せることに気づき。
で、急いで修正作業をし、どうにか規定文字数以内に。
消印有効だし、間に合った。

ちなみに、『行き着く果て』は、童話っぽい作品ながらかなり暗い作品。というか、削る前は殺し殺され、というなかなかのストーリーでしたからねぇ(←童話として作ってなかったもので。あくまで『童話っぽい』です)。最初は『クレーマーの女』という題だったし。削ったことで幾分かマイルドになったけど。

まあ、正直、この雰囲気で『アンデルセン』の選考通るとは到底思えないけど(この賞は、別に子供向け童話でなくてもいいのだけれど、どちらかというとほのぼの系が受賞しているようなイメージ)、自分の特色をしっかり出してる作品だし、出さないよりはましです。自分の特色を出した作品で落ちれば、満足です。

そういえば、この作品の主人公は蒼い子狼。

『海のきつね』は、蒼い子ぎつね。
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

純章(すみゆき)

Author:純章(すみゆき)
命中率ほぼ0%な射手座の人。
小説家を目指すもなかなか結果出ず。

時代小説好き。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
訪問者数
twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR