上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再びの奈良へ……じゃない近場の旧古河庭園へ。
東京北区の名所の一つですね。

IMG_0797.jpg
やっぱり写真は石灯篭から始まります^^
IMG_0799.jpg
日本庭園といったら灯篭ですもんね。
IMG_0800.jpg
で、茶室。
IMG_0802.jpg
灯篭の造り・種類にもきっちり名称があったりします。
『奥の院型灯篭』。でも、今回この写真は撮らなかった(^^ゞ 十二支が彫られてたりします。

IMG_0807.jpg

IMG_0815.jpg
灯篭の見える池。
IMG_0819.jpg
これは撮った。『濡鷺型灯篭』
IMG_0820.jpg
↑これがそう。笠の部分が他と違い特徴あります。どこか街燈っぽく、近代的な形の灯篭に見える。

IMG_0818.jpg
『十五層塔』
IMG_0816.jpg
↑これがそう。両国の旧安田庭園にも同じ形のものがありましたね。

IMG_0825.jpg
滝と、
IMG_0809.jpg
そして、これが旧古河庭園の洋館。
まるで深窓の○○という方がいそうな趣きのある建物ですよね。
遠い場所から撮りましたが、間近でも観ることができます(中に入ることはできませんが)。
IMG_0415.jpg
前回秋に行った時の、別の角度から撮った写真。

この日は、梅の見頃だということで行ってみたんですが、園内歩いても歩いても梅が見当たらない。
どうやら入り口付近にあったらしい。てっきり椿なのだと思ってた。。。(- -;) ちょっと思っていたより梅の木が寂しくて。
やっぱり旧古河庭園は、バラなのですね。バラはかなり豊富な種類が咲くのですよ、ここ。
IMG_0813.jpg
仕方ないので、園内でたまたま見かけた猫を撮ってみました。
でも撮れたのは一枚だけで、あっという間に逃げていってしまいました。
動きが速い被写体は撮るのが難しいですね、ほんと。


さて、もうすぐ母の三回忌です。親族集まってのカラオケ大会があります。母は歌を歌うのが好きでしたから、その血が自分にも受け継がれてるんでしょうかねぇ。
何を歌おうか迷うけど、楽しみだ~!
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

純章(すみゆき)

Author:純章(すみゆき)
命中率ほぼ0%な射手座の人。
小説家を目指すもなかなか結果出ず。

時代小説好き。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
訪問者数
twitter
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。