三月の終わり頃、駒込の六義園の桜がライトアップされるとのことで、仕事帰りに行ってみたんですね。

そしたら想像以上に賑わってました。普段、静かな六義園しか知らなかったもので、こんなに人が訪れるものなのか、とびっくり。外国人観光客も結構いました。

あと、夜桜のライトアップがここまで荘厳で華美なのかと、圧倒されました。日本庭園の魅力にまたはまってしまった感じですかね^^ 和の美しさ、ここに極まれり! ってね。

CIMG1210.jpg

CIMG1222.jpg

CIMG1215.jpg

CIMG1253.jpg

会社帰りで、コンパクトデジタルカメラしか持っていかなかったので、あまりうまく撮れてませんが……。やっぱり一眼レフで撮ってる方が多かったですね。

ライトアップされたのは何も桜だけではありません。
CIMG1225.jpg
ライトアップ松。
CIMG1250.jpg
ライトアップ竹(ライトアップというより中に光源が。でも、これはこれで良いです^^)。

CIMG1241.jpg
水面に映る桜。

CIMG1263.jpg
帰り道。

園内から出た時には、入り口は行列ができてました。金曜だったこともあり、また19時を過ぎたあたりだったので。
もうちょっと遅い時間に行ってたらきっと並んだのだろうなぁ、と。でも、並んでも観たいですけどね。

それから徒歩で飛鳥山公園へ。
CIMG1277.jpg

CIMG1283.jpg

そして、帰宅。
いや~、とっても良いものを観ました。桜がここまで美しいものになるとは、また夜の日本庭園がこんなにも美しいものだとは。まさに思い出に残る光景です。
どうせなら、灯篭に明かりを灯してほしかったですねぇ。そうすれば当時の人の気持ちにより近づけた気がするのに。
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

純章(すみゆき)

Author:純章(すみゆき)
命中率ほぼ0%な射手座の人。
小説家を目指すもなかなか結果出ず。

時代小説好き。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
訪問者数
twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR