GW期間中にイベントに参加してきました。
M3という音楽・音声系イベントは一般参加者として、
文学フリマはサークル参加側として。
ちなみに開催場所はどちらも東京モノレールの流通センター駅です。

CIMG1296.jpg
↑M3の戦利品。目的だったサークルさんは一つだけで、あとは後日開催される文学フリマのためにレイアウトがどうだとか色々と見物させていただきました。ちなみに、一般参加者すごい数でした。入場料代わりとなるパンフレット買うだけでも並びましたし、展示室の通路も人で溢れてました(なかなか前に進めないとか)。かなり長い行列ができているサークルさんんも結構あったりして、こんなに盛況するもんなんだなぁ、と(コミケやコミティアと変わらないんじゃないか、というくらい)。もちろん、なかなか人が訪れていないサークルさんの方が多い印象ではあるのですが。

そして、5/4に同会場で開催された文学フリマに自サークル『碧い泉』参加してきました。
CIMG1302.jpg
↑自サークルの設営はこんな感じ。そういえば、C-66っていう目印を点けるの忘れてました。

冊子は健闘しました。二桁売れました。
ただ、素通りする方の多いこと多いこと(^^; 目もくれない人の多いこと多いこと。
過去にも文学フリマには数回参加したことがありますが(当時の会場は大田区蒲田の産業プラザPioで)、その時はもっと立ち止まって見てくれた方が多かった記憶があります。
また、他の近隣のサークルさんもそうでしたが、買われないですね。立ち止まって見てもらえても購入まではいかないという。とにかくどこも暇そうでした(自分の目に入る範囲のサークルさんなので、盛況していたところもあったのかもしれないですが)。文学フリマはもともと一般参加者が少ないイメージなのですが、M3とかコミティアと比べるとそれがとっても顕著です^^; 他のイベントは通路が人で溢れるのですが。。。
また、自分の場合、蒲田での参加経験しかないのでそれと比べてしまうのですが、「ちょっと気になって会場に見に来てみました~」「寄ってみました~」という方がまったくいなかったです(蒲田では結構そういう方が来て下さって声をかけてくださったもので^^;)。
今回の文学フリマの集客数が今までと比べてどれくらいだったのか分かりませんが、やはり少ない印象です。まあ『みどりの日』でしたからね。みどりの日といえば本来有料のスポットが無料で観覧できるようになったりする日なので、そういう点でもちょっと厳しかったかなぁ。
あと、以前は文フリに参加していた作家さんが、コミティアの方に移ったりしているのもちょこちょこ耳にしたり。

そんな中でも今回購入してくださいました皆様方、ありがとうございます!(筆力の拙さが目立つ過去作ばかりが売れてしまったのがどうにも残念でしたが^^;)

CIMG1305.jpg
で、↑が今回の戦利品です。
過去に同じ年に電撃で選考通過した方で、名前を覚えていた方の作品を購入してみました。
やはり文章力が他の方と明らかに違います! 良い作品を手に入れられたなぁ、といった感じです^^

でも、まあサークル側として久々にイベントに参加してよかったです。

ついでに、↓の作品、ダウンロードサイトで販売しておりますので、よろしくどうぞ!
新妻は武家娘
癒し音声作品『新妻は武家娘』 税込み324円

『海のきつね』もダウンロードショップで販売中! 税込み515円。
三浦半島浜諸磯のきつね浜が舞台の児童文学・童話作品です。
海のきつね
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

純章(すみゆき)

Author:純章(すみゆき)
命中率ほぼ0%な射手座の人。
小説家を目指すもなかなか結果出ず。

時代小説好き。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
訪問者数
twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR