上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大雨の被害が関東・東北の広範囲にわたってしまいましたね。

あの豪雨が長く降り続いた日は東京も多摩川が氾濫しそうになるなど、東京や神奈川でも被害が大きくなりそうでした。うちの方も荒川や隅田川が近くを流れているので、これらの川の状態次第では……ということになりますね。
たまたまこの部分(荒川・隅田川付近)は雨の量が危険な域まではいかなかっただけで、あの雲の流れがずれていたら分からなかったです。

衝撃だったのは、茨城県常総市の鬼怒川ですね。
あれほどまで大きな被害になってしまうとは思いもせず。本当にあの大震災の時の光景みたいで、言葉も出ないほど。茨城は東京からも近いし、親戚もいるし、わりと身近な土地なんですよね。
そして、今日は宮城県でも同じく川が氾濫して大きな被害に。

雨でこんなに広範囲で大きな被害が出るとは思ってもみなかったんですが、
でも、考えてみると、時代小説や時代劇で、豪雨の際に川の決壊を死を覚悟しながら防ごうとするシーンが結構あったりして、とすると昔もこういう被害が多かったんですよね。
また、これからもこういう被害が増えるだろうと思わないと駄目ですね。
身近な問題なんだな、と改めて思いました。

災害との戦いはむしろこれから。大変なのは避難生活で。
本当に一日でも早く元の生活に戻れるよう願います。
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

純章(すみゆき)

Author:純章(すみゆき)
命中率ほぼ0%な射手座の人。
小説家を目指すもなかなか結果出ず。

時代小説好き。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
訪問者数
twitter
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。