今日(正確には10/3の昨日)、TSUTAYAでDVDをレンタルしてから、たまたま飛鳥山に行ってみたところ、

『第32回ふるさと北区区民まつり』というものが催されていたのです。

ちなみに、飛鳥山といえば、江戸時代から桜の名所として有名な場所。また、この土地は王子狐の行列の伝説でも有名で、王子稲荷神社なんかもあります。北区の中でも結構名所が多い場所。

さて、お祭りが開催されているなんて全く知らずに飛鳥山を歩いていた自分。
NCM_0009.jpg
この時期にまだヒマワリが咲いているのかぁ! とか10月なのに蝉の鳴き声が聴こえるぞ、とかちょっとびっくりしたり、
IMG_2386.jpg
夕日を撮ったり。

そしたら、なにやら噴水のある広場の方で賑やかな雰囲気が。屋台もずいぶん並んでいて。
IMG_2391.jpg
で、『ふるさと北区区民まつり』というのが催されているのを知ったのですよ。

17:00だったし、もう終わったのかな、と思っていたら、なんと夜の部があるということで、どういうのをやるのかなと気になって、会場前で始まるのを眺めてました。
パンフレットももらい。そこには、『第12回S-GATE第Ⅱ章~飛鳥の森に想いをのせて~』と記載されていました。

で、区長の挨拶が終わってから、いよいよ始まりました。
歌と踊り、音楽演奏などのプログラムだそうです。
IMG_2390.jpg
ステージが幻想的。
IMG_2389.jpg

IMG_2395.jpg
観音姉妹というユニット。大正時代の名曲をよく歌う(カバー?)活動をされているそう。
IMG_2397.jpg
篝火も焚かれ、幻想的な雰囲気にマッチしていて結構盛り上がる。

持っていた一眼レフでパシャりパシャりと。

IMG_2402.jpg
お次は、王子兄弟というユニット。地元王子出身の方と八王子出身の方の男性デュオ。
IMG_2405.jpg
こちらも結構盛り上がります。
IMG_2406.jpg
ダンスチームのJ-Bonds.Overという方々も途中から混じったり。
IMG_2411.jpg
そして、王子兄弟と観音姉妹が一緒になって、『花は咲く』を歌う。歌もしっかり巧いから聴き入ることができました。

IMG_2420.jpg
そして北区を中心に活動しているダンスチームによるチアダンス。
IMG_2421.jpg

IMG_2422.jpg
更にはオリエンタルダンスと。

しかし、ここで個人的に大変な事態が。
なんと、一眼のバッテリーが切れた。。。(´Д`)
写真をそんなに撮るつもりなくて家を出たもので、充電してなかったのですよ。都民の日に上野動物園に行って結構写真撮ってたから、バッテリーも限界が近くなってたんですね。
一番観たかった・撮りたかった殺陣とゲストの弦舞の演奏が撮れなくなってしまいました。。。

しょーがないから、そのあとはスマホで撮りました。望遠には適していないのでかなりひどい写真ですが(^^;
NCM_0014.jpg
NCM_0017.jpg
NCM_0018.jpg
観客の人たちも巻き込んで盛り上がったJ-Bonds.Overのダンス。
NCM_0019.jpg
こうして見ると、ほんとにライブを観に来てるみたい(しばらくライブなんて行ってなかったからなぁ←って、行ったことあるのは水樹奈々さんのライブくらいなんだけど^^)。
NCM_0020.jpg
殺陣が始まり、
NCM_0021.jpg
美しい殺陣だったのに、写真がひどい。。。
NCM_0022.jpg

NCM_0024.jpg

殺陣が終わり、そのあとはゲストの『弦舞』
NCM_0029.jpg
ヴァイオリン、ギター、そして日本舞踊という異色の三人ユニットなのですが、
それぞれがすごい!
ヴァイオリン・竜馬――300本以上の映画・ドラマ・CMの音楽演奏を担当する。しかも主な作品が、海猿・コードブルー・三丁目の夕日・大河ドラマの龍馬伝・天地人・劇団四季のミュージカルなど。
日本舞踊家・花柳琴臣――NHK紅白歌合戦など舞台やメディアにて活躍。2011年文部科学大臣奨励賞受賞。2014年、スコットランドエディンバラフェスティバルフリンジにて最高賞の五つ星を獲得。
NCM_0032.jpg
こういうお祭りで、そういう著名な方の演奏が聴けるなんて、感動。
NCM_0033.jpg
やっぱり一眼でしっかり撮りたかった。。。

結局19:00あたりまで二時間近く立ちっぱなしで観てました。時間の流れを忘れましたからねぇ。それくらい良かったです。

ちなみに、『ふるさと北区区民まつり』は、10/4(日)つまり今日も赤羽や王子なんかで開催されるそうですよ。
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

純章(すみゆき)

Author:純章(すみゆき)
命中率ほぼ0%な射手座の人。
小説家を目指すもなかなか結果出ず。

時代小説好き。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
訪問者数
twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR